高校野球

2020年甲子園高校野球交流試合組合せ決定!放送予定と見どころや勝敗予想は?

更新日:

8月10日から阪神甲子園球場で始まる第92回選抜高校野球大会の代替大会となる2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせ抽選会が、7月8日午後5時に行われ対戦相手が決定しました。抽選会は選抜大会に出場予定だった32校の主将をオンラインでつないで行われました。

組み合わせ、日程を始め対戦カードの見どころから勝敗予想やテレビ中継などの放送予定についてまとめてみました!是非ご一読ください!

2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせと見どころや勝敗予想は?

第92回選抜高校野球大会が新型コロナウイルスの感染拡大により中止とまりましたが、その代替の大会として「2020年甲子園高校野球交流試合」が開催されることがすでに決定したのは周知のとおりです。

この大会は、日本高校野球連盟が主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力というかたちで、8月10日から阪神甲子園球場で無観客で開催されます。

日程は、前半は8月10日から12日の3日間で計7試合、後半は15日から17日の3日間で計9試合の計16試合、32校が各校1戦ずつ行います。なお32校とも参加することはすでに決定しています。

日程は13日から14日は予備日、雨天順延で行わわれます。開会式は行われませんが、選手宣誓は行われる予定です。試合は9回時点で同点の場合、10回よりタイブレークに突入します。

観客は無観客ですが、学校関係者の観戦、応援は野球部員、部員・指導者の保護者・家族は部員・指導者1名につき5名以内、教職員のみ。また都道府県連盟の役員は当該試合および担当地区の試合のみ5名以内、NPBスカウトは1球団2名まで、大学・社会人・独立リーグ関係者は1球団1名は観戦できます。

では組み合わせと日程について見てみましょう!

関連記事:2020春の選抜高校野球の日程、出場校と注目校予想!優勝候補はここだ!

関連記事:2020選抜高校野球、スポーツ紙評価と優勝予想、甲子園ランキングまとめました!

8月10日(月・祝)

  • 第1試合10:00大分商(大分)×花咲徳栄(埼玉)

初日のいわば開幕第1試合は、大分商と埼玉の花咲徳栄の対戦。大分商の好投手川瀬堅斗投手と花咲徳栄の主将で高校通算40本塁打のドラフト候補井上朋也の対決が見ものです。

全ては川瀬投手の出来次第とも言えそうですが、最速148㎞の右腕が本領発揮となれば強打の花咲徳栄打線も苦労するでしょう。九州大会準優勝の大分商に分があるのではないでしょうか?

関連記事:2020選抜の注目選手、ドラフト候補大分商業川瀬堅斗投手のプロフィール、経歴は?

  • 第2試合12:40明徳義塾(高知)×鳥取城北(鳥取)

秋季四国大会の覇者と同中国大会準優勝の鳥取城北の対決となりました。ともに打線が活発で地区大会を勝ち進みましたが、神宮大会で明徳義塾は中京大中京高橋投手の前に完封を喫しました。

鳥取城北は左腕エース坂上投手に控えは大型右腕松村投手、中川投手と豊富な投手陣を揃えます。名将馬淵監督に鍛え上げられた明徳義塾の攻撃力が一冬超えてどれくらい成長したのかにかかっていますが、試合巧者の明徳義塾がやや上回ると見ます。

8月11日(火)

  • 第1試合10:00天理(奈良)×広島新庄(広島)

近畿大会の覇者奈良の天理と中国大会準決勝で敗退した広島新庄のカード。近畿大会の決勝で大阪桐蔭に12-4と圧勝、神宮大会でも仙台育英に8-6、準決勝では優勝した中京大中京相手に9-10と攻撃に爆発力があります。

広島新庄も秋田、秋山の両左腕で秋季広島県大会を1位で通過した実力がありますが、ここは神宮で1試合3本塁打の河西選手を軸とした天理の攻撃力が広島新庄を上回り、天理が勝利すると予想します。

  • 第2試合12:40創成館(長崎)×平田(島根)

長崎県2位ながら九州大会ではベスト4、準決勝では優勝した明豊に接戦負けを喫した創成館に、島根県2位、中国大会は準々決勝で鳥取城北にコールド負けした平田が挑む対戦です。

長崎県の独自大会では2回戦で敗退したものの創成館がやや地力で上回るのではないでしょうか?

  • 第3試合15:20明豊(大分)×県岐阜商(岐阜)

九州を制覇した明豊と東海大会準優勝の県岐阜商の対戦は、県岐阜商監督として初陣の鍛治舎巧監督がどんな采配をふるうのかも見所です。岐阜県1位で東海大会も中京大中京を苦しめた県岐阜商と大分1位で九州大会を駆け上がった明豊、どちらも力はありそうです。

県岐阜商は同校で新型コロナ感染者が発生したため岐阜県独自大会は途中辞退しました。一方の明豊は、神宮大会では初戦で健大高崎に接戦負けしましたが、前年春ベスト4の実績もあります?プロ注目左腕若杉投手を擁する明豊がやや上回るのではないでしょうか?

8月12日(水)

  • 第1試合10:00智辯学園(奈良)×中京大中京(愛知)

新チーム以降公式戦無敗、愛知1位で東海大会、神宮大会を勝ち上がった中京大中京は、第92回選抜大会が開催されていれば間違いなく優勝候補筆頭だったでしょう。一方、奈良の智辯学園も奈良県1位、底力はありそうです。

秋季奈良大会では、準決勝で天理に大勝、近畿大会でも智辯和歌山に打ち勝ち、準決勝は大阪桐蔭に接戦負けはしましたが、打線の破壊力はありそうです。中京大中京の高橋投手の出来次第では智辯学園打線につかまることもあり得ますが、神宮王者の貫禄を見せて中京大中京が勝つと見ます。

関連記事:中京大中京高橋宏斗投手の身長、出身、経歴は?松坂超えと名将明徳馬淵監督が絶賛した理由!

関連記事:中京大中京印出太一捕手、身長、出身中学、経歴は?2020ドラフト候補!

  • 第2試合12:40鹿児島城西(鹿児島)×加藤学園(静岡)

選抜大会は初出場の鹿児島城西は注目の最速146㎞右腕八方悠介投手と元プロ野球ダイエー、西武などで活躍した佐々木誠監督に注目です。一方、静岡2位で東海大会では県岐阜商に接戦負けした加藤学園も初出場ながら面白い存在です。

選抜大会であればともに初出場同士の対決ですが、好投手八方投手の鹿児島城西が優勢ではないでしょうか?

関連記事:鹿児島城西八方悠介投手の身長、体重、経歴は?プロ出身監督の指導で2020選抜で旋風なるか?

8月15日(土)

  • 第1試合10:00履正社(大阪)×星稜(石川)

ここに来てまたこのカードか!という昨年夏の決勝戦のカードの再現です。昨年は選抜でも対戦していますが、選抜では星稜が勝利(3-0)、選手権は履正社が勝利(5-3)と1勝1敗でした。星稜奥川投手と履正社井上選手のプロ入り選手対決も注目を浴びた両校の激突です。

新チームになっても両校とも実力は健在、星稜は北陸大会を制し、履正社は近畿大会準決勝で敗退するも天理に接戦負けと実績は十分です。ともに昨年の甲子園を経験している履正社岩崎投手、関本捕手、小深田選手と星稜内山選手、萩原、寺西のWエースとタレントも豊富です。

特に両校の主将が、関本捕手は父が元阪神タイガースの代打の切り札関本賢太郎氏というサラブレッド、内山捕手は1年から遊撃手のレギュラーという甲子園を知り尽くした選手という打てる捕手対決も見所です。

この交流試合でも注目のカードとなるのは間違いありませんが、予想も非常に困難です。ここは昨夏のリベンジに燃える星稜に軍配が上がるのではないかと予想しますが本当にわかりません。

関連記事:2019夏の甲子園決勝戦の勝敗予想!履正社の大阪勢連覇か石川勢初優勝の星稜か?

  • 第2試合12:40磐城(福島)×国士館(東京)

昨秋東京大会を制し、選抜大会は2年連続出場の国士館と21世紀枠の磐城高校の対決です。磐城高校は21世紀枠ではありますが、東北大会にも進出し昨秋公式戦防御率0.90の好投手沖政宗投手を擁するチーム力は侮れません。

沖投手の出来次第では磐城の勝利もあり得ると思いますが、国士館が前年初戦敗退の雪辱を果たすのではないでしょうか?

  • 第3試合15:20仙台育英(宮城)×倉敷商(岡山)

宮城県1位、東北大会も実力を見せつけて優勝した仙台育英と岡山2位ながら中国大会優勝の倉敷商の地区優勝校どうしの対戦です。仙台育英はプロ注目の野手入江大樹遊撃手に3年生左腕エース向坂優太郎投手、昨夏も1年生で甲子園を経験した笹倉、伊藤の好投手を擁します。

倉敷商も中国大会王者として神宮大会に臨みましたが、健大高崎に1-7と敗退、地区大会の試合内容も投手陣が安定しない戦いぶりでした。一冬超えて投手陣がどこまで整備されたかが課題ですが、経験に勝る仙台育英が勝利すると予想します。

8月16日(日)

  • 第1試合10:00明石商(兵庫)×桐生第一(群馬)

桐生第一は群馬県1位、関東大会は準決勝で山梨学院に敗退しましたが、力はありそうです。対して明石商は、選抜大会があればこちらも優勝候補に名前が挙げられるほどの注目校です。

昨春、昨夏とともに2年生ながらベスト4進出の原動力となった中森投手、来田選手が健在です。両選手ともプロ注目の選手、近畿大会でも準々決勝で大阪桐蔭に接戦負けと新チームも実力は十分です。このカードは明石商が制すると見ます。

関連記事:明石商業中森、来田両選手のプロフィールと経歴。2020選抜甲子園優勝候補の原動力!

  • 第2試合12:40帯広農(北海道)×健大高崎(群馬)

帯広農は21世紀枠での出場、一方健大高崎は群馬3位ながら関東大会優勝、そして神宮大会でも準優勝と実績十分です。帯広農は1982年の夏以来2回目の甲子園となります。

健大高崎は注目の左腕下慎之介投手、大型右腕橋本拳汰投手の2枚看板に堅実な守りと伝統の機動破壊が特色です。ここは健大高崎が勝利するのではないでしょうか?

  • 第3試合15:20鶴岡東(山形)×日本航空石川(石川)

鶴岡東は山形1位で東北大会も準優勝、昨夏も甲子園で3回戦まで進出と実力はあります。対する日本航空石川は石川2位ながら北陸大会を勝ち進むも、石川県対決となった決勝の星稜戦では1-19と大敗を喫しました。

星稜相手に仕方ない展開ではありましたが、エース嘉手苅投手は191㎝の長身から最速147㎞を記録した大型右腕を擁します。しかし東北大会決勝で仙台育英を苦しめ昨秋公式戦1試合平均10得点の鶴岡東がやや上回るのではないでしょうか?

8月17日(月)

  • 第1試合10:00大阪桐蔭(大阪)×東海大相模(神奈川)

ここにきてこのカードか!という星稜対履正社のカードと並んで注目の対戦となりました。近年の甲子園大会を制している両校、ともに近畿大会、関東大会は優勝とはなりませんでしたが、野球王国大阪と神奈川の対決です。さらに両校の対決は甲子園では初対決となります。

さらに大阪桐蔭西谷監督、東海大相模門馬監督と1969年生まれの名将対決でもありますし、2016年第98回選手権での履正社対横浜の対戦を彷彿とさせます。大阪をけん引している大阪桐蔭、履正社と神奈川をけん引している横浜、東海大相模が対戦相手を変えての対戦は非常に興味深いですね。

さて予想ですが、2016年は履正社寺島と横浜藤平の超高校級投手対決は履正社が制しましたが、今回の大阪桐蔭と東海大相模はともに打力が注目です。東海大相模の野手カルテット山村、鵜沼、西川、加藤の4選手に大阪桐蔭西野、仲三河、吉安と3人の中軸はともに見ごたえのある打線です。

打ち合いになると東海大相模に分がありそうですが、関東大会の準決勝健大高崎戦では打線が沈黙しました。大阪桐蔭は近畿大会では爆発力こそありませんでしたが、明石商中森投手を打ち負けしています。

ここ一番の勝負強さで大阪桐蔭が東海大相模をわずかに上回ると予想しますが、本当に楽しみな対決です。

関連記事:2020選抜甲子園注目選手!東海大相模野手カルテットは驚異の打線!

関連記事:甲子園高校野球大阪代表過去の優勝回数と勝利数!大阪桐蔭、履正社、PL学園、浪商、つ、強すぎる!

関連記事:高校野球神奈川代表の甲子園歴代優勝校や戦績!横浜、東海大相模以外の優勝校も!

  • 第2試合12:40智辯和歌山(和歌山)×尽誠学園(香川)

和歌山大会を制し近畿大会では準々決勝で敗退したものの見事選抜に滑りこんだ智辯和歌山と香川大会を制し四国大会準優勝の尽誠学園との対決です。尽誠学園は選抜は18年ぶりの出場と長いブランクを経ての選抜でした。

智辯和歌山は昨夏の甲子園は3回戦、奥川投手の星稜にタイブレークの末敗退しましたが、甲子園常連校の力強さは健在でしょう。プロ注目の右腕小林投手に綾原、細川、徳丸など昨夏を経験した選手がいる智辯和歌山に分があるでしょう。

  • 第3試合15:20白樺学園(北海道)×山梨学院(山梨)

北海道大会を制した初出場の白樺学園と山梨1位、関東大会も準優勝の山梨学院との対戦で交流試合は幕を閉じることとなります。山梨学院は関東大会決勝で健大高崎に負けはしたものの、桐生第一、花咲徳栄と群馬1位校、埼玉1位校を撃破しています。

山梨学院も2年連続の選抜出場でした。一方の白樺学園は148㎞右腕片山楽生投手を擁して道内無敗のチームですが、経験にも勝る山梨学院が初出場の白樺学園に勝つのではないでしょうか?

交流試合の放送予定は?

2020年甲子園高野球交流試合のテレビ中継については、7月1日日本高校野球連盟が恒例のNHKテレビNHKラジオABC(朝日放送)テレビABCラジオで生中継することを発表しました。さらにBS朝日でも生中継、スカイAで録画中継することも決まりました。

ネット中継でも、朝日テレビと朝日新聞社の「バーチャル高校野球」、MBS(毎日放送)と毎日新聞社の「センバツLIVE!」でライブ配信されます。

春夏ともに全試合中継するNHKは例年通りのテレビ、ラジオ中継、毎年夏の選手権大会を放送する朝日放送系もテレビ、ラジオ中継となりました。一方、毎日放送系ではネットによるライブ中継のみですが、地上波テレビでは交流試合の開幕前から終了直後まで関連番組、試合速報を関西ローカル向けに放送する予定です。

8月23日午後9時には「高校野球特番2020君だけの甲子園」の特番をテレビ朝日で放映されます。熱闘甲子園でお馴染みの古田敦也氏とヒロド歩美アナウンサーがキャスターを務め、夏の甲子園中止による球児たちの心境や現状、交流試合の様子などを中心に取材、数々のドラマが届けられます。

関連記事:甲子園ロスに熱闘甲子園最強伝説DVD、昔の映像が蘇るオススメの3点!

いつもと違う特別な夏となった球児たちが前を向くひたむきさを映像で目に焼き付けてみませんか。

まとめ

8月10日から阪神甲子園球場で始まる第92回選抜高校野球大会の代替大会となる2020年甲子園高校野球交流試合の組み合わせが決定。組み合わせ、日程など対戦カードの見どころと勝敗予想、テレビ中継などの放送予定についてここまで見てきました。

試合は8月10日から12日、15日から17日の計6日間、16試合が行われ、第92回選抜高校野球に出場が決定していた32校が各校1戦ずつ熱戦を繰り広げます。

注目のカードは

  • 昨夏の甲子園決勝の再戦履正社(大阪)×星稜(石川)
  • 野球王国大阪と神奈川の対決大阪桐蔭(大阪)×東海大相模(神奈川)
  • 神宮大会覇者公式戦無敗の中京大中京(愛知)×近畿大会ベスト4の智辯学園(奈良)

の3試合ではないでしょうか?また試合日程と見どころについて予想しましたが、どのカードも拮抗していて正直予想通りにならない試合も多くなるでしょう。

またテレビ中継などの放送予定は

  • NHK、ABC(朝日放送)のテレビ、ラジオともに生中継
  • BS朝日で生中継、スカイAでは録画中継
  • 「バーチャル高校野球」「センバツLIVE!」でライブ配信

と例年通りの放送局による予定に加え、ネット配信は春の選抜大会の毎日新聞社系、夏の選手権大会の朝日新聞社系の2系列で同時配信されるという充実ぶりです。

今年の3年生にとっては最後の最後に甲子園球場で行われる試合、全国でたった32校しか経験できません。いつものような大歓声はありませんが、全国中継されることも決まりました。

部活動の中止期間もあり、各都道府県の独自大会などで試合への準備や試合勘を徐々に取り戻しての本番となりますが、ケガのないようにのびのびと甲子園を楽しんでもらいたいものですね。

(Visited 1,257 times, 1 visits today)
広告

-高校野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。