高校野球

2024年夏の高校野球兵庫県代表校予想、優勝候補は?【第106回甲子園選手権】

更新日:

2024年(令和6年)第106回全国高校野球選手権大会が8月7日に開催予定、各都道府県の地区予選は6月下旬から7月上旬にかけて続々と開幕する予定です。

第95回選抜大会、第96回選抜大会と2年連続で兵庫県の報徳学園が準優勝、都道府県別の甲子園通算勝利数では大阪に次ぐ2位の強豪県でもある兵庫県。

2年連続選抜準Ⅴと全国からの注目度も高い兵庫県の地区予選の行方は?代表校はどこの高校になるのか?春季兵庫県大会や近畿大会の戦いぶりから代表校、優勝校の予想をします!

関連:高校野球兵庫代表の歴代甲子園優勝校、報徳学園、東洋大姫路など複数校が達成!

第106回全国高校野球選手権兵庫県大会はいつ開幕?

第106回全国高等学校野球選手権大会兵庫県大会は7月6日(土)開幕。試合日程が順調に消化されれば7月28日(日)の決勝戦まで3週間以上、熱い闘いが繰り広げられます。

2024年春季兵庫県大会の結果は?

春季兵庫県大会は4月13日に開幕、5月5日に決勝戦が行われました。各府県の優勝校はは近畿大会に進みますが、開催県の兵庫県は3位までの3校が近畿大会に臨みました。近畿地区の春季大会は他の地区と違って各府県の優勝校のみの参加となっているのが特徴です。

他府県の強豪校と公式戦という形で対戦することになるので、控えの投手や野手に経験させる場にもなりチーム力を挙げる絶好の機会となります。

このため何が何でも春季大会を勝ち進むというよりはエースを温存しながらライバル校には全てをさらけ出さないような試合運びになることもあります。夏の府予選の代表校を占う上では春季大会の試合ぶりは参考になりますが、試合結果だけでは判断できません。

それでもある程度の勢力図は見て取れますので、ひとまずは24年の春季兵庫県大会の結果を見ていきたいと思います。

春季兵庫県大会の試合結果は?

春季兵庫県大会は選抜出場校の報徳学園が準々決勝で敗退、昨夏の優勝校社高校が優勝しました。春季大会のベスト16以降の試合結果を見てみましょう。

試合勝利校スコア敗戦校備考
決勝戦6-4須磨翔風 
3位決定戦明石商業2-1東洋大姫路 
準決勝2-1東洋大姫路10回タイブレーク
須磨翔風7-6明石商業 
準々決勝3-2育英 
須磨翔風5-3神戸学院大11回タイブレーク
東洋大姫路5-1報徳学園 
明石商業

5-4

神戸国際大10回タイブレーク
5回戦8-2飾磨 
須磨翔風10-3赤穂7回コールド
東洋大姫路8-3姫路西 
明石商業7-0明石8回コールド
育英6-2加古川北 
神戸学院大5-4東播磨10回タイブレーク
報徳学園4-3西脇工業 
神戸国際大3-1神戸弘陵 

決勝戦は昨秋の3位校社高校と同2位校須磨翔風の対戦となりましたが、社が6-4で須磨翔風を降しました。社は昨夏、一昨年と夏の兵庫県大会を連覇しましたが、昨夏に続いての県大会優勝となります。

3位決定戦では明石商業が東洋大姫路に2-1と競り勝ちましたが、準決勝の2試合もいずれも1点差の接戦、ベスト4の高校の力の差はないといってもよいでしょう。

選抜準優勝の報徳学園は準々決勝で東洋大姫路に1-5で敗戦、その東洋大姫路が準決勝で敗退するなど兵庫県の上位校のレベルの高さがうかがえます。

準々決勝の残りの3試合もいずれも2点差以内の接戦、延長タイブレークも2試合ありいずれの高校もこの夏の大会を勝ち抜いてもおかしくないほど力が拮抗しています。

ベスト16校の対戦となった3回戦はやや力の差が現れるスコアとなった試合もありました。特にベスト4の4校はいずれも5点差以上の試合となり、ベスト8の8校が第一グループ、残りの8校が第2グループと位置付けられるでしょう。

これら16校は夏の予選のシード権を獲得、2回戦からの登場となり3回戦まで別のブロックにそれぞれ振り分けられます。

今春のベスト8の第一グループを中心に今夏の兵庫県大会は混戦が予想されます。

近畿大会の結果は?

春季近畿大会には上位3校の社、須磨翔風、明石商業が出場しました。近畿大会は2府4県から開催地の兵庫県3校と各府県大会優勝校1校の計8校が参加しました。これら3校の戦績を見てみましょう。

回戦出場校スコア対戦相手備考
準決勝須磨翔風(2位)0-12智辯和歌山 
1回戦須磨翔風(2位)3-1大阪学院大 
社(1位)0-11天理 
明石商業(3位)1-8京都国際7回コールド

近畿大会では1回戦で社が天理に大敗、明石商業も京都国際に7回コールドで敗退しました。一方で、須磨翔風は大阪学院大に3-1と競り勝ちますが、準決勝では智辯和歌山に大敗してしまいました。

準決勝の須磨翔風、1回戦の社ともに9回表に大量失点したためコールドとはなりませんでしたが、10点差以上つけられての完封負け、兵庫県代表らしからぬ精彩を欠く近畿大会となりました。

夏の兵庫県大会優勝候補の本命は?

ここまで春季兵庫県大会、近畿大会の試合結果を見てきました。春季兵庫県大会で優勝した社高校は昨秋の県大会は準決勝で報徳学園に敗退も3位決定戦で長田高校に勝利、近畿大会に出場しました。

秋季近畿大会ではベスト4で選抜にも出場した耐久に初戦で敗退、今春の春季大会同様、近畿大会で1勝をあげることはできませんでしたが、前年、前々年の夏の優勝校でもあり今夏も優勝候補に挙がるでしょう。

春季大会準優勝の須磨翔風も春季近畿大会では大阪学院大に勝利、昨秋の県大会でも2位で近畿大会に進出、初戦で奈良の智辯学園に10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ちするなど粘り強さが光りました。

しかし何といっても今夏の兵庫県の大本命は報徳学園でしょう。昨秋の兵庫県大会を制し、近畿大会では2回戦で大阪桐蔭に1点差で敗退しましたが、その後の選抜では大阪桐蔭にリベンジし準優勝したのは記憶に新しいところです。

間木、今朝丸の両右腕は2年生から甲子園のマウンドを経験し2年連続準優勝の立役者、昨夏の兵庫大会はは5回戦で敗退と今夏にかける思いは相当なはずです。今春は準々決勝で敗退しましたが、戦力はトップクラスでしょう。

また今春の準々決勝で報徳学園を下した東洋大姫路も、履正社で甲子園優勝した岡田監督の手腕に期待がかかるところです。

同じく今春県3位の明石商業も甲子園を知る狭間監督が指揮を執り、昨夏の準優勝の雪辱を晴らすべく今大会に臨むでしょう。

報徳学園を筆頭に社、須磨翔風が対抗、東洋大姫路、明石商業を含めた5校が中心になりそうです。さらに神戸国際大付、育英が追う展開となるでしょう。

全国でも屈指の強豪県であり激戦区の兵庫県、全国クラスの強豪校が目白押しで勝ち抜くのも優勝予想も容易ではありませんが、混戦の中から抜け出す高校はどこになるのか?全国の注目度も高いと思います。

関連:高校野球地方大会激戦区ランキング、甲子園への道が険しい都道府県は?

まとめ

8月7日に開催予定の2024年(令和6年)第106回全国高校野球選手権大会の各都道府県地区予選が6月下旬から7月上旬にかけて開幕する予定です。

全国屈指の強豪県、激戦区である兵庫県大会を制するのは?代表校予想をしてみました。

春季県大会や近畿大会の試合内容、結果から優勝候補を予想をしましたが、

  • 大本命は選抜準優勝、秋季兵庫大会優勝の報徳学園
  • 対抗は今春の兵庫大会優勝、昨夏兵庫代表の
  • 今春、昨秋ともに兵庫大会準優勝、近畿大会でもそれぞれ1勝している須磨翔風
  • 春季兵庫大会で報徳学園を下した東洋大姫路、同じく今春兵庫3位校の明石商業も優勝射程圏

と2年連続で選抜準優勝の報徳学園を本命とはしましたが、兵庫大会は相当な混戦となるのではないでしょうか。

一発勝負のトーナメント、何が起こるかわかりませんが、準々決勝あたりからはこれら有力校同士の対戦が繰り広げられる兵庫大会の顔触れは豪勢ですね。

全国屈指の激戦区の混戦から抜け出すのはどこの高校か?試合日程が進むにつれ全国からの注目度も上がることでしょう!

関連:2024年夏の高校野球大阪府代表校予想、優勝候補は?【第106回甲子園選手権】

関連:2024年夏の高校野球神奈川県予選、代表校は?優勝予想!【第106回甲子園選手権大会】

関連:2024年夏の高校野球愛知県予選、代表校は?優勝予想!【第106回甲子園】

(Visited 60 times, 2 visits today)
広告

-高校野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.