高校野球

市立和歌山小園投手の身長、体重、出身中学は?2021センバツ注目投手はドラフト候補!

更新日:

2021年選抜高校野球大会の選考基準となる秋季近畿大会でベスト4進出、来春のセンバツ出場を手繰り寄せた右腕、市立和歌山高校小園健太投手は最速152㎞の大会注目投手です。

新チームとなった秋季大会では、和歌山県の強豪智辯和歌山との準決勝でも4失点ながら完投勝ちを収め、選抜当確への切符をかけた近畿大会の準々決勝でも強打智辯和歌山を返り討ちにして一躍脚光を浴びました。

小園健太投手とはどんな投手なのか?身長、体重、出身中学、経歴などのプロフィールについて紹介したいと思います!

関連記事:高校野球和歌山の歴代代表、甲子園出場校の優勝回数や勝利数、智辯和歌山、箕島など強豪校の歴史!

市立和歌山高校小園健太投手のプロフィールと経歴

市立和歌山高校の小園健太投手のプロフィールは以下の通りです。

名前小園健太(こぞの けんた)
投打右投げ右打ち
ポジション投手
出身地大阪府貝塚市
生年月日2003年4月9日
身長185cm
体重85Kg
経歴貝塚ヤング(貝塚市立第一中学校)
市立和歌山高校

中央小学校1年から野球をはじめ、中学時代には硬式野球チーム貝塚ヤングに所属、当時から投手で中学3年時には夏のヤングリーグ全国大会で優勝、高校進学時には20校ほどからスカウトされたようです。

進学先を悩むも市立和歌山高校に進学を決めていた貝塚ヤングでバッテリーを組んでいた松川虎生(こう)捕手から、「一緒に市立和歌山に行って日本一を獲ろう!」と誘われ進学を決めます。

1年春から控え投手としてベンチ入り、この時点ですでに140㎞超のストレートを投げるほどで春季県大会では決勝戦の智辯和歌山戦で2回を投げ無失点と好投します。同年の夏の選手権和歌山大会では抑え役として出場しますが、準々決勝の南部高校に3-4で惜敗します。

新チームとなってからは1学年上の左腕の岩本真之介投手がエースだったため、秋季和歌山県大会準々決勝、準決勝では登板はなく準決勝で和歌山南陵に敗退しました。2年生になった2020年夏の和歌山県独自大会の前の7月に行われた大阪桐蔭との練習試合では自身最速の152㎞をマークします。

独自大会でも、抑え役として登板しますが、3回戦で智辯和歌山に敗退しました。この試合で小園投手は2回から登板し4回を3安打1失点に抑えますが、直球を打たれたことから下半身を安定させてストレートのキレ、回転数を意識したトレーニングに取り組みました。

新チームとなった9月の新人戦の準決勝では智辯和歌山と対戦し、7回からの3イニングを1失点と強力打線を封じ込めます。当然小園投手も智辯和歌山を意識しており「和歌山で一番特別な相手、入学して以来智辯和歌山に勝つことを目標としていた」と語る通り、入学して以来初めて智辯和歌山に勝利し、秋季大会へ弾みを付けました。

そして秋季和歌山県大会でも準決勝で智辯和歌山と再戦します。勝てば近畿大会出場となる一戦では、4失点ながら5-4で完投勝ち。決勝戦でも抑えとして登板、和歌山東高校に8-2と勝利し、和歌山県1位校として近畿大会に臨みます。

智辯和歌山を下しての和歌山県1位ということで近畿大会でも注目されます。近畿大会1回戦では兵庫県2位の東播磨高校と対戦、選抜に向けて負けられない試合が続きますが、小園投手は9回1失点で完投勝利、準々決勝へ進みます。

近畿地区は選抜出場一般枠が6枠あります。つまり準々決勝を勝てば選抜当確となる大一番で和歌山県のライバル智辯和歌山とあたります。智辯和歌山は秋季県大会準決勝で市立和歌山に敗退したものの3位決定戦で勝利し、近畿大会にすべりこんできました。

関連記事:選抜甲子園の出場条件とは?高校野球秋季大会の4つの魅力と観戦のおすすめ!

智辯和歌山も近畿大会1回戦で大阪2位の東海大仰星と対戦し、8-1の7回コールドで準々決勝へ進めます。市立和歌山との準々決勝は雪辱と選抜出場をかけて臨むこととなりました。

好投手小園対強力智辯和歌山打線との対決は、初回に2点を先制した市立和歌山がそのまま逃げ切り、先発の小園投手は見事シャットアウトの完封勝利。新チームになってからの公式戦では智辯和歌山に3勝無敗と返り討ちにし選抜出場を当確としました。

続く準決勝では奈良県2位の智辯学園と対戦します。智辯学園は1回戦滋賀学園を9-8の10回逆転サヨナラ勝ち、準々決勝では京都1位の龍谷大平安を8-3と強力打線が売りのチームです。

智辯学園との準決勝は小園投手は先発せず終盤に登板するも1-4で敗戦、智辯学園は決勝戦も優勝候補大阪1位校の名門大阪桐蔭を7-3で下し優勝しました。近畿大会を通じて強打智辯学園に対して4失点とチームの投手力、守備力の高さを発揮しました。

関連記事:高校野球平成の甲子園勝利数と優勝回数ランキング!大阪桐蔭、智辯和歌山が2強?

小園投手は直球最速152㎞にカットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使する全国注目のエースとなりました。プロ野球のスカウト陣の評価も当然高く、広島のスカウトは「投げ方やシルエットもヤクルト奥川投手(2019年星稜からドラフト1位)とかぶる。奥川2世になれる素材」と評しました。

レベルの高い近畿大会ベスト4の実績、大会屈指の好投手を引っ提げて来春の2021年選抜大会へ出場を当確としました。狙うはもちろん日本一、ヤングリーグ時代に続いて松川捕手との優勝バッテリー擁する市立和歌山高校が優勝候補に挙げられる可能性もあります。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で開催が中止された選抜大会は2021年に2年ぶりとなる第93回大会の開催が決定。出場を当確としている高校の中でも中京大中京畔柳享丞投手とこの市立和歌山高校の小園健太投手は大会屈指の注目投手となるのは間違いありません。

関連記事:中京大中京畔柳享丞の身長、体重、出身中学は?2021選抜注目間違いなし!

そんな小園投手の身長、体重、出身中学などのプロフィールや経歴を紹介してきました。中学のヤングリーグ時代に松川捕手とバッテリーを組んで全国大会優勝、優勝バッテリーがそのまま市立和歌山高校に入学して高校での日本一を目指します。

大会屈指の右腕が全国の強豪校を相手にどんなピッチングを見せるのか非常に楽しみです。後は無事センバツ大会が開催されるのを願うばかりですね。


野球ランキング

(Visited 25 times, 1 visits today)
広告

-高校野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。