プロ野球

2020ソフトバンク優勝マジック点灯!最短でいつ優勝決定するのか予想しました!

更新日:

福岡ドーム

2020年のプロ野球シーズンもセリーグの読売ジャイアンツの優勝マジックナンバー7に続いて、福岡ソフトバンクホークスも10月21日に10連勝でいよいよ優勝マジック8を点灯させました。

前年、前々年とホークスはリーグ制覇を逃したものの、いずれも2位からクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズに進出、2017年のリーグ優勝、日本シリーズ制覇から3年連続日本一に輝いています。

今季はリーグ制覇からの日本一に燃えるホークスの歓喜の胴上げとなるXデー、優勝決定の最短日はいつなのか?そしていつ優勝するのかを予想してみました。早速見てみましょう!

2020年ソフトバンクホークスの優勝決定日最短はいつ?

10月21日にホークスは優勝マジック8を点灯させました。マジック対象チームは2位の千葉ロッテですが、23日時点での勝敗、順位表は以下の通りです。

順位チーム試合勝利敗戦引分残試合勝率
1ソフトバンク1086439512M4.621
2ロッテ10655492149.5.529
3西武10551513153.0.500
4楽天10750516130.5.495
5日本ハム10746565134.5.451
6オリックス10740607135.0.400

ホークスはロッテとの直接対決を6試合残していますが、この直接対決に6敗してもそれ以外の6試合を6勝すれば70勝45敗5分で勝率.609となります。西武は残り全勝しても追いつけず、4位の楽天、5位の日本ハム、6位のオリックスはすでに優勝の可能性は完全に消滅しています。

2位のロッテは直接対決6試合を含めた残り14試合を全勝した場合でも69勝49敗2分で勝率.584と追いつけません。21日にマジックナンバー8を点灯させましたが、22日、23日とホークスが2連勝、ロッテが2連敗でマジックは一気に4まで減らしました。

関連記事:プロ野球のマジック点灯条件とは?減り方や再点灯など不思議なマジック!

では最短の優勝決定日はいつになるでしょうか?まずホークスが24日からの西武戦に2連勝で66勝、残り10試合に全敗でも49敗5分で勝率は.573となります。

一方でロッテが24日からのオリックス戦に2連敗ならば、残り12試合に全勝しても67勝51敗2分.568で勝率がホークスを下回ります。

以上より10月23日時点でのホークスの最短優勝決定日は10月25日になります。最短で10月24日にマジック2として25日福岡PayPayドームでの西武戦デーゲームに勝利すれば本拠地胴上げとなります。

セリーグは巨人がマジック38を9月15日に点灯させて以降23日時点でマジック5まで減らしましたが、ホークスは21日にマジック8を点灯させてから怒涛の連勝でマジック4まで減らし、巨人のマジックナンバーを上回るペースとなりました。

しかし現時点で12連勝中のソフトバンクに勢いがあるとはいえ、さらに14連勝まで伸ばすのはなかなか至難の業と言えます。加えて5連敗中のロッテが7連敗まで負け続けるのも現実的には起きにくいのではないでしょうか?

では優勝決定日はいつになるのか?予想してみます。

ソフトバンクホークスの優勝決定日はいつになるのか?

21日にマジック8を点灯させたホークスは12連勝中と勢いがあります。逆にロッテは5連敗中と調子がよくありません。最短の25日の優勝はさすがに確率が低いとは思いますが、ホークスは27日からロッテとの直接対決3連戦が控えています。

25日までホークス、ロッテそれぞれ2試合を予定していますが、ホークス1勝1敗、ロッテ1勝1敗くらいで進むのではないでしょうか?この場合、マジックナンバーは2減らして2になります。

27日からの直接対決3連戦ではホークスが勝利すればマジックを2減らすことができます。まして本拠地の福岡PayPayドームでのゲームとなりますので胴上げを期待している多くのホークスファンの前での試合はホークスに有利に働くのではないでしょうか?

そこでXデーの優勝決定日ですが、ずばり10月27日(火)になると勝手に予想します。

ホークスは23日から29日まで福岡PayPayドームの試合が続き計6試合を行います。今季は対ロッテ6勝11敗1分けと苦戦していますが、勢いのあるホークスが本拠地でマジックを順調に減らすことは大いに予想されますので、遅くとも29日の本拠地6連戦の最終日までには優勝を決めると思います。

日本シリーズは11月21日(土)から予定されており、パリーグはセリーグと異なりクライマックスシリーズも行われます。今シーズンはクライマックスシリーズは1位と2位の対決しかなく、11月14日(土)から3勝したチームが勝ち抜く最大4試合、リーグ優勝したチームはアドバンテージ1勝が与えられます。

ここ数年はクライマックスシリーズ、日本シリーズと短期決戦にも無類の強さを誇るホークスがリーグ制覇、クライマックスシリーズも制覇して日本シリーズに進出する可能性は非常に高いと言えるでしょう。

関連記事:ソフトバンク下剋上で2019日本一!工藤公康監督の成績がすごすぎる!

関連記事:プロ野球クライマックスシリーズの出場条件は?マジックとクリンチナンバーはどう違うの?

まとめ

2020年ペナントレースは3年ぶりのパリーグ制覇に向けて、10月21日に福岡ソフトバンクホークスがマジックナンバー8を点灯させました。ホークスが驚異の12連勝で快進撃を続けマジックを4まで一気に減らす一方で、マジック対象チームのロッテは5連敗と元気がありません。

残り12試合を残してのマジック4ですのでホークスの優位は揺るぎませんが、ロッテも直接対決6試合を残していますのでホークスの連勝が止まり、さらに直接対決で6勝できればまだまだわからなくなります。

ホークスはマジックを消滅させることなく27日からの直接対決までにマジックを1~2減らすことができれば、さすがにホークスの優勝がぐっと近づくでしょう。ではホークスが優勝する場合、最短での優勝決定日がいつになるのか?現実的にはいつ優勝が決まるのか予想してみました。

  • 最短優勝決定日は10月25日福岡PayPayでの西武戦
  • 優勝決定日は10月27日福岡PayPayでのロッテ戦と予想

最短決定日はホークス、2位のロッテの試合結果次第で日々変わっていきますので随時更新していきます。マジックが点灯したばかりですので、まだ勝負の行方はわかりませんが、ホークスの3年ぶりのパリーグ制覇はかなり現実味を帯びてきたのではないでしょうか?

ホークスOBの井口監督が立ちはだかるのか?はたまた日本シリーズに進出して4年連続日本一まで上り詰めるのか?まだまだ熱い戦いが続きそうです!

(Visited 184 times, 2 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。