高校野球

夏の甲子園開催への署名活動とは?賛同署名へ協力します!

投稿日:

夏の甲子園アルプスの応援

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、日本高野連が5月20日開催予定の選手権大会運営委員会で夏の甲子園の中止を決定するという報道が5月15日にされました。

この報道を受けて大阪市にあるアスリートワークス社の徳丸博之代表が甲子園開催の賛同を呼びかける署名活動を開始したところ、当初1万人を目標としていた署名への賛同協力は、19日22時時点で14,000人を突破。球児の夢や思いを大事にしてほしいという声が多数寄せられています。

自身も高校球児だった徳丸代表が立ち上げたこの署名活動に当ブログも応援したいと思います!

なぜ中止なのか?

新型コロナウイルスの感染拡大は収まりを見せつつありますが、まだ終息を見通せる状況にはなく第二波、第三波も予測する意見は多数あります。そんな状況ですので、この時点で開催を決めるのは非常に難しいことでしょう。

新型コロナの感染が拡大する3月以降には休校要請や緊急事態宣言を受けて学校や部活動は休止、そのしわ寄せで8月の夏休みを短縮して学業の遅れを取り戻すという判断もあるようです。学業を優先する場合、夏休みに開催する甲子園大会にそもそも出場できない可能性もあります。

また6月終わりころから7月終わりにかけて各地で行われる都道府県選も感染拡大の終息が見通せない中、当初の開催日程を遅らせることで調整をはかっていましたが、開催日程や球場の確保も一部困難な状況にあります。

さらに部活動の休止により選手も練習が十分にできない中、夏の大会にいきなり臨むことは選手のコンディションや熱中症のリスクという点で選手の安全、健康にもよろしくないという意見もあります。地方から甲子園球場までの移動に伴う感染拡大リスクも懸念されています。

感染拡大の終息の見通しが立たないという以前に、開催することによる様々なリスクが大きすぎるという判断なのでしょう。こういった点から総合的に判断して中止せざるをえないというのが高野連の見解かと思います。

中止しなければいけないのか?

こういった高野連の中止への判断に対して冒頭の署名活動が行われています。徳丸代表は「高野連による決定は尊重すべき。子供たちのことを考え何かのきっかけになれば」と語っており、何が何でも開催すべきという主張ではありません。

最終的に中止という判断をするのは仕方ないかもしれませんが、その前に球児のために何かできることはないのかという考えがあってのことでしょう。賛同する声にも同様な意見が多数寄せられています。

そもそもなぜ中止にしなければならないのでしょうか?すでに高校のインターハイも中止が決定しており、「高校野球だけが特別なのか」という意見も多数あります。

インターハイの中止ではここまで開催可否のニュースが大きく取り扱われなかったことに比べれば、高校野球はやっぱり特別ということもいえます。もちろん部活動の一環である以上特別ではないのでしょうが、インターハイを中止にしなければいけなかったのかという議論はあまりあったように思えません。

大会を主催する側からすれば、あえて危険をおかしてまで開催に踏み切る必要はないという判断をするのも理解できないわけではありませんが、それでもできる限りの感染予防や対策を講じて開催するという考え方はなかったように思えます。

また多くの人が集まれば感染のリスクは高まるでしょう。一方で若者の重症化、重篤化の例はあまり聞こえてきません。未知のウイルスなのでまだこの先どうなるのかわかりませんが、状況を見ながら開催に向けてもう少し努力してあげてもよいのではないでしょうか。

主催者側の立場や言い分も当然あるので、外野がとやかく言うべきではないかもしれませんが、肝心の選手、学生の声が聞こえてきません。選手が「そんな危険を冒してまでスポーツはしたくない」といえばそれまでですが、主体である選手たちはどのように考えているのでしょうか?

ぼく個人も甲子園や地方大会はかなり観戦し、特に夏の大会は毎年楽しみにしていますが、今回は観戦する側としても無観客は仕方ないと思いますし、観戦する側の言い分で議論すべきではないと自重します。

ただし選手、特に3年生にとっては最後の学年で公式戦が全くない中、このまま安易に中止を決定というのは避けてほしいなという思いです。緊急事態宣言が出る前の3月頃には選抜の開催に向けてぎりぎりまで主催者である高野連と毎日新聞社が議論を重ねました。

夏の大会は予選や熱中症という別の問題もあるので判断が難しいところもあるとは思います。もちろん選手の安全、健康や感染拡大に最大限注意を払うことが前提とはなるでしょうが、何とか3年生の球児が納得できるような形を引き続き模索していただきたいと思います。

そんな思いを抱いた多くの高校野球ファンや親御さん、関係者の方々の署名活動に賛同の意を表しつつ選手の気持ちを第一に応援できればと思います。

(Visited 146 times, 2 visits today)
広告

-高校野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。