上達編

野球で走り込みのメリットや効果は?冬は下半身強化の絶好の機会!

更新日:

選手のランニング風景

冬場の野球の練習メニューと言えば「走り込み」が定番です。冬場の厳しい寒さの中でのボールを使った練習はぐっと減らし、シーズンオフの期間を利用してひたすら基礎体力と筋力の強化を行うのが冬場の練習の目的です。

しかし冬場の練習におけるこの走り込みというのは近年いろんな議論がされてきており、特に科学的トレーニングが主流になりつつある昨今では単なる走り込みではあまり意味がないという意見も一般的となってきました。

一昔前はひたすら長時間走り続けるというトレーニング、というよりは修行に近い練習方法が当たり前でしたが、現在は科学的な手法も取り入れられて効果的な走り込みを実践しているチームが多いようです。

それではこの走り込みにはどんな効果やメリットがあるのか?その前に何のために走り込みを行うのか?について見ていきましょう!

野球に必要なのは走り込みではなく下半身強化!

野球の冬場の練習における走り込みのメリットや効果を語る前にそもそも何のために走り込みを行うのかという視点を忘れてはいけません。走り込みによって期待される効果は主に下半身強化です。

ではなぜ下半身強化が重要なのか?

野球の基本的な動作は、投手は投げる、打者は打つ、ことです。野手の守備においても球を追う、球を捕る、球を投げるということが基本的な動作になりますが、いずれの動作にも下半身を使います。

もちろん球を投げるにもバットを振るにも手や腕を使うので腕を中心とした上半身も重要です。

しかし球を投げるにもバットを振るにも座ったままでは球速も出なければ力強いスイングもできません。上半身を使って行う動作も全て下半身から上手く上半身と連動させて力を伝えることが必要となります。

つまり上半身を使う投球やスイングなどの動作は下半身とうまく連動させることでより大きい力を引き出すことになるため、下半身が安定することが重要となります。

具体的にはどういうことか投手と打者の動作について下半身の役割を見ていきましょう。

投手に必要な下半身の役割

投手がマウンドからホームめがけて投球をする際に最も重要な役割は下半身が安定することです。良い投手の条件は

  • スピードボールを投げること
  • コントロールが良いこと

大きくこの2点が挙げられます。もちろん良い変化球を投げるということも良い投手の条件ではありますが、これはスピードボールが投げられることとコントロールが良いことが前提にあります。

さらにスピードボールが投げられても1回から9回までずっと球速が落ちずに投げられなければ意味がありませんし、何よりコントロールが悪くてストライクが入らなければ四死球で失点してしまいます。常時時速160㎞超のボールをど真ん中に投げ続けられれば打たれることはないでしょうが非現実的です。

究極的にはコントロールが良くないと良い投手にはなれません。そしてこのコントロールを良くするために最も重要なのが下半身の強さです。

投手は1試合を投げ切る場合、100球以上を投げることが普通です。これだけの球数を投げてコントロールを安定させるには、ボールを放すリリースポイントの安定も重要な要素です。

リリースポイントを安定させるということは「同じ動作」をひたすら繰り返すことにほかなりません。結局のところ下半身がぐらついていてはリリースポイントが安定しないため、下半身が安定することが必要となります。

下半身の動作が安定するということは、軸足がぶれずに踏み出す方の足がしっかり着地して、腰の回転で上半身をひねるというところまでの一連の動作が安定することになります。ここまでの動作が安定してできることでリリースポイントも安定してきます。

またスピードボールを投げるうえでも下半身は重要ですが、球速という点では地肩の強さの方がモノを言います。それでも投球に勢いをつけるためにも下半身の使い方は重要です。

両手を振りかぶって投げるワインドアップと両手を静止させてから投げるセットポジションでは、下半身にゆったり力をためて投げられない分セットポジションの方が一般的に球速は落ちます。これと同じことで下半身をうまく使えるかどうかでわずかでも球速に違いは出てきます。

以上のように投手にとって下半身の役割は非常に重要であることがわかります。

打者に必要な下半身の役割

打者がスイングする際に必ず軸足と反対側の足をステップしてスイングします。そしてステップした足が着地すると同時に腰の回転でバットを振り下ろすまでが下半身の一連の動作となります。良い打者の条件とは

  • スイングスピードが速いこと
  • ミート(ボールにバットを当てる)が上手いこと

大きくこの2点が挙げられます。結局、ボールにバットを当てられない限りヒットもホームランも出ませんが、かといって力のないスイングでは打ち取られてしまいます。この2点がそろって初めて鋭い打球を飛ばすことができます。

スイングスピードが速いということは上半身でバットを振る力があることも重要ですが、腕だけで振っても力強い打球は打てません。スイングスピードが速いということと同時に力強いスイングであることが重要です。

そのためには、バッティングでよく言われる「割れ」がきちんとできていないといけません。この割れとは体の中心線を軸にステップした足が着地した瞬間とバットを持った手がトップ(後ろに引いている状態)にある状態を指します。

弓矢に例えるならば、弓の弦に矢をセットして最大に引っ張った状態をイメージしてもらえればよいと思います。この状態がバッティングで言うところの割れに当たります。この状態から軸を中心にして腰の回転でバットをスイングすることで力強いスイングをすることができます。

この時に軸がぶれていたりトップからスイングに早く移ってしまうと「タメ」ができず、スイングスピードが落ちてしまいます。よく懐が深いとかボールを呼び込むというのは、このタメの状態から瞬間的に自分のミートポイントでボールを捉えることを指します。

こうすることで直球にも差し込まれず変化球にも泳がされないスイングができます。そしてこのタメを作るためには強靭な足腰が必要になります。ステップした足が着地しても下半身でしっかりと粘ることができないとトップの位置もぶれてしまい、バットにも力が上手く伝わらなくなってしまいます。

さらにより自分の体に近いところでボールを捉えられればミート力もあがり、バットをボールに当てやすくなります。下半身に粘りがあればこのタメの状態からスイングした時に頭のぶれも最小限に抑えられるので縦の変化にも対応しやすくなります。

下半身のみならずリストの強さ、背筋、握力など力強いスイングには上半身の強さも重要ですが、下半身が安定しないとこの上半身の動きとうまく連動しないため打者にとっても下半身の強さが重要なのがわかります。

下半身の何が重要か?

投手にしても打者にしても下半身の強さ、安定が重要だということを解説してきました。では下半身の強さとは具体的に下半身のどこの強さを表すのでしょうか?

下半身で強化が必要なのは、主に

  • 股関節
  • 内転筋

の2点です。野球というスポーツが他のスポーツと大きく異なる点は、常に静止している状態から瞬時にフルパワーでボールを投げたりスイングをする点です。

ピッチャーならばマウンドのプレート、バッターならばバッターボックスにほぼ固定した状態で、助走や勢いをつけずに速いボールを投げたり、鋭いスイングをする必要があります。

そのために重要なのが「体のねじれ」になります。ピッチャーもバッターもお互い正面を向いてプレーすることはなく、利き腕やバッターボックスの左右によって「半身」の状態で向かい合います。ピッチャーはランナーがいない状態ならば振りかぶって投げることもありますが、投げる動作において最終的には半身となります。

右投手なら左肩がバッターに向き、右打者なら左肩がピッチャーに向いている状態です。この静止している状態から速いボールを投げる、鋭くバットを振るには「体のねじれ」という反動をいかに効果的に使うかが重要となります。

このためには「カベ」となる下半身を安定させてボールやバットを持った上半身を「体のねじれ」を利用して勢いよく繰り出さなければいけません。

この時に軸足となる足の内転筋によって軸足を安定させることと股関節の無駄のない動きによってねじれによる力をうまく上半身に伝えることが重要となります。軸足がぐらついたり、股関節の硬さによってステップがスムーズに府に出せないと力のロスが生まれてしまいます。

体を支える下半身の力を効率的、効果的に上半身に伝えることが安定かつパワフルな投球、スイングにつながることとなります。

下半身強化に必要な走り込みメニュー

野球において内転筋、股関節といった下半身を強化することが、投手、打者にとっても上達するための近道と言えます。ではこの下半身強化をどうすればよいのか?

やはり「走り込み」が基本になります。しかしこの走り込みはやり方を気をつけないと無意味なトレーニングになってしまいます。

どういうことか?見ていきましょう!

走り込みで注意すべきこと

下半身強化のために走り込みは必要と言いましたが、いわゆる昔から言われているような2時間も3時間もぶっ通しで走るというのはどうも科学的根拠に乏しいようです。

そこで走り込みで気を付けるべき点は

  • 長時間の走り込みは足腰の強化には効果がない

実際に走り込みだけでは強靭な足腰を鍛えることはできないようです。強靭な足腰を作り上げるには負荷をかける必要があるということです。ただひたすら長い距離を走っただけでは、代謝能力や持久力が上がって疲れにくい体になるということへの効果はありますが、足腰に負荷がかからないかぎり筋肉の強化にはつながりません。

ただし走り込みによって、体のバランスをコントロールする力は養われます。筋力の強化というよりは走り込むことで体幹を鍛えることには有益ですので、いろんな練習に耐えうるだけの基礎体力をつけるために行うのが効果的のようです。

特に内転筋を鍛える、股関節を柔らかくするという点においては走り込みだけではなくスクワットなどのトレーニングを取り入れた方が効果的でしょう。

  • コンクリートやアスファルトではなく土や芝生の上を走るようにする

これは当然ですが、固い地面の上を走ることは足腰やひざに負担をかけることになりかえってケガの恐れが出てきます。足を着地するたびに体全体の体重が足腰にかかるわけですから、地面が固ければこの負担を吸収できません。この吸収できなかった分を足で吸収するので足にしわ寄せが行きます。

たまに階段の上り下りで鍛えるトレーニングもありますが、足腰に負荷をかけるという点では足腰の強化に効果的かもしれませんが、そういったトレーニングの際には靴底が衝撃を吸収するタイプのトレーニングシューズを使用することがおススメです。

下半身強化に必要な走り込みは冬場が絶好の機会

上記にも触れましたが、長時間の走り込みは下半身の強化にはあまり効果がありません。走り込むにしても20~30分程度にしておき、後は足腰の強化のためにウェイトトレーニングで負荷をかけることが効率的です。

また足腰の強化に必要なのは近距離のダッシュの方が効果的という意見もあります。特に瞬発力や速筋を鍛えるのに有効です。これも1本走ればインターバルを空けることが重要です。

長時間のランニングは時間的な効率もあまり良くありません。効率よく長距離と短距離を組み合わせて走り込みを行うことが重要でしょう。

そこで走り込みの時期ですが、春から秋にかけてはプロ野球をはじめ野球の公式戦が組まれます。11月中旬以降から3月の中旬までは公式戦もなく、冬の寒い期間をこの走り込みを含めた体力トレーニングにあてるのが一般的です。

シーズン中は実戦や実践向けの練習にどうしても時間を割くことになりますので、こういった走り込みは冬場こそ集中的に行うことで一冬超えて一段とたくましい体つきになるものです。

関連記事:上達するための野球の練習メニュー、名称や内容は?早速実践したくなるポイント!

冬場はあまりボールを使った練習をすることがなく走り込みなど基礎体力を養う練習を行うためこれはこれで過酷ですが、これを乗り越えることで精神的にもたくましくなれます。

まとめ

野球において走り込みにメリットや効果があるのかまとめてきました。そもそも野球において重要なのは走り込みではなく下半身の強化です。

投手、野手の投げる、打つにおいて下半身の重要性について触れてきました。

  • 投手にとってスピードボールを投げる、コントロールが良いための下半身の役割
  • 打者にとってスイングスピードが速い、ミート力を上げるための下半身の役割

以上のように下半身の重要性を理解したうえで、下半身をいかに強化するのかが大切になってきます。そして下半身のどこを鍛えることが重要かと言えば

  • 内転筋
  • 股関節

の2点に尽きるといっても過言ではないでしょう。軸足を安定させて下半身のステップにより体のねじれを上半身にスムーズに伝えるためにこの2点の強化が必須と言えます。

従来は長時間ひたすら走り続けることが下半身強化につながると信じられていました。しかしこの2点を強化することに主眼を置くならば、近年では長時間の走り込みは下半身強化にはあまり効果がないという科学的な分析もあり、走り込みのスタイルも変わってきました。

下半身を強化するために重要な走り込みの方法は

  • 20~30分の走り込みで体のバランスをコントロールするために鍛える
  • 足腰の強化は負荷をかけたウェイトトレーニングが効果的
  • 短距離のダッシュをインターバルを空けて行うのが筋力強化につながる

といったかつての長時間の走り込みではなく上記のような効果的な走り込みが重要です。さらにスクワットなどのトレーニングを取り入れることが下半身強化につながるでしょう。

限られた時間で効果的に足腰を強化するためにもボールを使わない冬場に集中して行うのが有効です。一冬超えて一段とたくましい下半身を築き上げましょう。

(Visited 1,585 times, 7 visits today)
広告

-上達編

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。