プロ野球

プロ野球もうすぐ名球会候補選手は?あと一歩の坂本勇人、藤川球児の達成なるのか?

更新日:

ハワイゴルフ場

日本プロ野球界でも最高峰の成績を残した選手が入会する名球会。おおまかにいえば投手ならば200勝もしくは250セーブ、打者なら2,000本安打を日米通算で達成した選手のみが入会資格を得ることができます。

2020年シーズン前の時点では、OB、現役合わせて打者47人、投手16人の計63人が在籍しています。2020年シーズンで名球会の資格を得る選手はどれくらいいるでしょうか?もうすぐ名球会入りする候補選手、あと一歩の選手をまとめました。

是非見てみましょう!

もうすぐ名球会!候補選手は?

名球会入りは冒頭にも紹介したように、投手なら200勝もしくは250セーブ、打者なら2000本安打を日米通算で達成することが条件となります。

関連記事:プロ野球名球会メンバーの血液型、B型やO型は本当に多いのか?

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れた2020年のプロ野球ペナントレースですが、例年の143試合制と異なり120試合でペナントが争われます。試合数が23試合減ったことで今シーズンでの名球会入りへの条件達成にも影響はあるでしょう。

例年より条件達成がややきつくなるものの、開幕前の時点で2020年シーズン中にこの名球会入りの資格を得られそうな選手はどれくらいいるのでしょうか?2019年終了時点の投手、野手別の成績を見てみましょう!

投手200勝を達成しそうな選手

近年のプロ野球ではシーズン20勝を達成するのも至難の業ですが、さらに120試合制ともなると15勝するのも厳しいと言えます。現役の投手で通算185勝以上の投手はいませんでした。さらにメジャーリーグは2020年は100試合減って60試合制と条件が厳しくなります。

そもそも通算200勝自体の条件が厳しいという声もありますが、2020年シーズンでの条件達成選手はなさそうですので、現役選手の日米通算成績の上位選手を一覧にしてみました。

選手名球団通算勝利数残り
田中将大ヤンキース174勝26勝
石川雅規ヤクルト171勝29勝
松坂大輔西武170勝30勝
岩隈久志巨人170勝30勝

名球会入りに一番近い成績をあげているのは、ニューヨークヤンキースの田中将大投手の日米通算174勝です。日本時代は楽天7年間で99勝、メジャーではヤンキースで75勝の成績です。今シーズンはメジャーの試合数が少ないですが、来期にも通算20勝を達成する可能性はあるのではないでしょうか?

関連記事:メジャーオプトアウトって田中将大は何年契約?総年俸や通算成績は?

田中投手に次いで勝利数をあげているのが、東京ヤクルト一筋の左腕石川雅規投手の171勝です。2020年は開幕投手も努めましたが、年齢は40歳、プロ入り19年目のベテラン投手です。今シーズンの200勝達成は厳しいですが、選手寿命も延びていますので今季の成績次第では来季にも達成できるかもしれません。

関連記事:2020プロ野球12球団開幕投手予想!歴代最多回数のランキングまとめました!

次いで日米通算170勝以上は、松坂大輔投手と岩隈久志投手の2人です。2020年から西武に復帰した松坂投手は、日本で114勝、メジャーリーグで56勝の計170勝、2019年シーズンから巨人に移籍、日本球界復帰を果たした岩隈投手も日本で107勝、メジャーリーグで63勝の計170勝となっています。

関連記事:中日退団松坂大輔が西武復帰、2020年年俸は3,000万円!通算成績や生涯年俸は?

近年は勝ち星の上積みがない両投手ですので200勝達成のハードルは相当高いですが、今季復活登板できれば視野に入ってくるかといったところではないでしょうか?

投手250セーブを達成しそうな選手

選手名球団通算セーブ残り
藤川球児阪神243セーブ7セーブ
サファテソフトバンク234セーブ16セーブ

阪神の藤川球児投手が、日米通算243セーブと今季250勝を達成するのは確実とみられています。藤川投手は日本では241セーブ、メジャーでは2セーブとほぼ日本球界、阪神時代にあげたセーブが大半で、メジャー時代の3シーズンでは思うような成績があげられませんでした。

2016年に阪神に復帰して以降の4シーズンでも21セーブなので、ストッパーに転向した2006年から2012年までの7シーズンで大半のセーブ数を記録したことになります。いずれにしても残り7セーブならチーム事情で配置転換でもないかぎり、250セーブ達成は時間の問題ではないでしょうか。

と見ていましたが、藤川投手は2020年8月このシーズン限りでの引退を表明、この時点で250セーブまで残り5セーブとしていますが、2軍で調整中の藤川投手は250セーブにこだわらないことに言及しています。

残りシーズンで1軍に昇格し、優勝争いあるいはAクラス入りをかけて戦うゲームの中で最高のパフォーマンスを見せることが前提、記録のために投げることはしたくないようです。ここまで来たらもったいない気もしますが、火の玉ストレートの藤川投手らしい気概ですね。

次いで2020年シーズンに達成できる可能性があるのがソフトバンクのデニス・サファテ投手です。サファテ投手は2009年まではメジャーでプレーもセーブはあく、通算記録も2011年広島に移籍して以降のものとなります。

しかしサファテ投手は2019年は0セーブどころか1軍登板もなく、2018年は5セーブ、そして2020年も1軍登板のないまま8月に帰国しています。この帰国の際には引退を示唆するコメントも残しています。

サファテ投手の名球会入りは数字の上ではあと一歩ですが、条件達成を前に引退ということもあるかもしれません。

なお上記の両投手に次ぐ通算セーブ数をあげているのはDeNAの山﨑康晃投手の169セーブ、日本ハムの増井浩俊投手の163セーブですので、フル回転で投げても250セーブ達成は来季以降になりそうです。

打者2000本安打を達成しそうな打者

選手名球団通算安打残り
坂本勇人巨人1884本116本
栗山巧西武1825本175本

巨人の坂本勇人選手が、1884本で残り116本に迫っています。坂本選手はプロ入り2年目からレギュラーとして出場し続け、年間100安打以上を12シーズン継続しています。

年間試合数が減っても昨季は143試合で173本放っていますので、大きなけがさえなければ2020年シーズン中の達成はかのうではないでしょうか。まだ31歳ですので2000本安打は通過点、将来的には2500本以上で生涯ベスト10入りは濃厚、日本球界にとどまれば3000本安打も視野に入ってくるのではないでしょうか?

関連記事:2019MVP坂本勇人選手の契約更改で2020来季年俸は現状維持?!生涯年俸や成績など経歴は?

次いで1825本の栗山巧選手は、試合数が減ったため今シーズンの達成はかなり厳しいでしょう。過去には年間144試合で172安打を記録したこともありますが、残り175本ということになると来季まで達成はお預けとなるでしょう。

この2人以外では、巨人の中島宏之選手が1767安打と残り233安打としています。中島選手は渡米してメジャーリーグのアスレチックスと契約しますが、メジャー出場はありません。1767安打は西武、オリックス、巨人のNPB時代の記録です。来季の達成も少し厳しいかもしれません。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ試合数も例年の143試合から120試合に減った日本プロ野球。プロ野球界の最高峰のプレイヤーが入会資格を得られる名球会入りを2020年にもうすぐ達成できそうな候補選手、あと一歩の選手をまとめてみました。

投手なら200勝もしくは250セーブ、野手なら2000本安打を日米通算で達成することが条件の名球会。2019年終了時点の成績から今季の達成が見込めそうな選手は、

  • 投手の通算勝利数では2020年達成できそうな候補選手はなし。
  • 日米通算174勝のニューヨークヤンキース田中将大投手、日本通算171勝の東京ヤクルトスワローズ石川雅規投手は来期以降に期待
  • 次いでともに日米通算170勝の西武松坂大輔投手、巨人岩隈久志投手は復活できれば来季以降か?
  • セーブ数では阪神藤川球児投手が243セーブで2020年達成が濃厚も引退を表明、本人もこだわりはなし
  • セーブ数234セーブのソフトバンクサファテ投手も射程圏内だが、達成前に引退の可能性も
  • 打者では巨人坂本勇人選手が1884本安打で2020年達成可能

といったところで、阪神藤川球児投手、巨人坂本勇人選手の2020年シーズンでの達成以外は、今季は他にはなさそうです。例年通りの試合数が来季以降復活すれば、来季にも期待できそうです。通常開催できる日が来るのが待ち遠しいところですね!

(Visited 755 times, 11 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。