プロ野球

2020プロ野球12球団開幕投手予想!歴代最多回数のランキングまとめました!

更新日:

開幕マウンドに上がるのは?

2020年プロ野球シーズンの開幕がいよいよ近づいてきました。12球団ともキャンプを過ごした後、オープン戦を通じてシーズン開幕を迎えます。

シーズンの開幕戦の先発マウンドには球団の顔、エースと呼ばれる投手が上がります。シーズンを通してローテーションの軸となる投手ですので実力と実績がなければ務まりません。

2020年の12球団の開幕投手は誰になるのか?ずばり予想してみました。さらに歴代のプロ野球で開幕投手を最多回数務めたのは誰か?のランキングをまとめました。早速見ていきましょう!

12球団の開幕投手ずばり予想!

2020年のプロ野球ペナントレースは3月20日(金)に開幕します。祝日となるため東京ドームの巨人対DeNA戦以外は全てデーゲームで開催されます。また東京五輪の影響で例年より1週間早い開幕となります。

開幕戦の先発投手といえば、各球団ともエースと呼ばれる投手、球団の顔、代表する投手が務めるのが慣例となっています。一方でエース級の投手が複数人いる場合は、キャンプ、オープン戦の状態を見て決めることもあります。

さらにオープン戦では開幕戦から逆算して登板機会を設けることも多く、開幕投手の予想はおおよそ見当がつきそうなものです。しかし時に新人や若手投手をサプライズ登板させることも稀にあります。

すでに開幕投手を公言している球団もありますが、過去の実績やオープン戦の状態を見ながら2020年の12球団開幕投手を予想してみたいと思います。

 球団開幕投手予想2019年開幕投手
セリーグ巨人菅野智之◎菅野智之(5)
DeNA今永昇太今永昇太(初)
阪神西勇輝◎メッセンジャー(6)
広島大瀬良大地◎大瀬良大地(初)
中日大野雄大◎笠原祥太郎(初)
ヤクルト石川雅規◎小川泰弘(4)
パリーグ西武ザック・ニール◎多和田真三郎(初)
ソフトバンク千賀滉大×千賀滉大(2)
楽天則本昴大◎岸孝之(3)
ロッテ石川歩×→美馬学◎石川歩(初)
日本ハム有原航平◎上沢直之(初)
オリックス山岡泰輔◎山岡泰輔(初)

◎印はすでに開幕投手が確定で予想的中、×印は予想の外れを指します。参考までに2019年の開幕投手を掲載しましたが、なんと7投手が初めての開幕投手でした。最多回数でも阪神のメッセンジャー投手の6回ですがすでに引退を表明しており、巨人の菅野投手の5回が次いで多い回数となりました。

近年は連続で開幕投手を続けるような実力のある投手は、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大のようにメジャーに移籍するケースが増えていますので、かつての山田久志、金田正一、村田兆治のように10回以上開幕投手を務める選手は減っているのが特徴です。

さて、以上をふまえながら2020年の開幕投手は誰が務めるのでしょうか?球団別に予想したいと思います。

巨人

2019年はチームの勝ち頭だった山口俊投手がメジャーへ移籍しました。キャンプ、オープン戦の調整次第でもありますが、ここは菅野智之投手が3年連続6回目の開幕投手と予想しましたが、確定となりました。

DeNA

DeNAは2019年の投手成績でリーグ3位の防御率、13勝をマークした今永昇太投手が2年連続2回目の開幕投手となるのではないでしょうか?チームでも唯一の2桁勝利と今永投手以外は考えにくいと思います。

阪神

2019年まで5年連続の開幕投手を務めたメッセンジャー投手が引退、ここは2019年10勝をあげ防御率リーグ5位の西勇輝投手が最有力と見ます。同じく防御率リーグ6位、9勝の青柳晃洋投手も対抗馬となりますが、オリックス時代に開幕投手を経験している西投手になるのではないでしょうか。

以上のように予想しましたが、矢野監督は開幕投手は西投手と公言し、確定しました。

広島

広島は2019年の成績では防御率リーグ2位の2.59と安定したジョンソン投手と同7位3.53の大瀬良大地投手の2人の大黒柱がいます。加えてジョンソン投手は2016,2017年と開幕投手の実績もありますが、いずれも敗戦しています。

両投手とも2019年はともに11勝をあげていますので成績を見る限りでは甲乙つけがたいですが、2年連続の大瀬良投手になると予想します。佐々岡監督も大瀬良投手を開幕投手と公言しましたので、確定です。

中日

2019年はリーグ防御率1位となった大野雄大投手が有力です。2019年初の2桁11勝の柳裕也投手や開幕投手経験のある小笠原、笠原投手も調子次第では候補にあがりそうですが、2016,2017年にも開幕投手を務めた大野投手で行くのではないでしょうか?

こちらも与田監督が大野投手を開幕投手と明言しました。

ヤクルト

2019年のリーグ防御率では9位だった小川泰弘投手ですが、防御率4.57、5勝という成績でした。一方、石川雅規投手は、規定投球回に足りていませんでしたが、防御率3.84、8勝をあげました。

しかも石川投手は開幕投手を8回と小川投手の4回を大きく上回る実績を誇ります。大ベテランの域に入ってきた石川投手ですが、ここは実績も考慮して石川投手になると予想します。

最終的に高津監督は石川、小川、高橋奎二の3投手を候補に挙げていましたが、石川投手で確定となりました。

西武

2019年は規定投球回をクリアした投手はおらず、勝ち頭で行けばニールが12勝、防御率2.87とかなり安定していますが、投球回は100.1と投球回の多かった今井達也(135.1)、高橋光成(123.2)、十亀剣(102)を下回ります。

一方、勝ち星は高橋10勝、今井7勝、十亀5勝、防御率はいずれも4点台という点を考慮するとやはりザック・ニールが1番手と言わざるをえないと思います。

そして西武も開幕投手はニールと公表しました。

ソフトバンク

リーグ防御率3位の千賀滉大が13勝、4位の高橋礼が12勝のこの2人がチームの大黒柱ですが、ここは日本のエース千賀滉大投手が濃厚でしょう。

と千賀投手を大本命に挙げていましたが、調整遅れのため開幕投手からは外れることが濃厚となりました。ここで浮上してきたのが2017年最多勝右腕、東浜巨投手です。2019年シーズンは故障のため登板数が少なかったものの復活登板となるのか見ものです。

東北楽天

チーム唯一の規定投球回をクリアした美馬投手はFAにより千葉ロッテへ移籍したので、やはりチームの2本柱則本昂大、岸孝之の両投手が候補になるでしょう。金銭トレードで新規入団した涌井秀章投手は可能性は低いと思います。

ここはやはり昨季はケガで低迷した則本昂大投手が順調にいけば、岸、涌井両投手を抑え込んでの開幕投手となるのではないでしょうか?

そして三木監督は則本投手を開幕投手に指名したことを明言しています。

千葉ロッテ

ロッテも2019年は規定投球回をクリアした投手はいません。チームの勝ち頭は開幕投手だった石川歩、種市篤暉に楽天からFA移籍の美馬学の3投手が8勝で並んでいます。

美馬投手は楽天で規定投球回をクリアしていますが、防御率4.01と同3.64の石川投手を下回っています。ここは2年連続で石川歩投手を開幕投手と予想します。

このように予想しましたが、ロッテは美馬学投手を開幕投手として公表しました。

日本ハム

2019年はチーム唯一の規定投球回をクリアの有原航平投手がリーグ2位の防御率2.46、15勝のリーグ最多勝と開幕投手の最有力でしょう。このように予想しましたが、こちらも有原投手で決定のようです。

オリックス

2019年は山本由伸投手が防御率リーグ1位1.95でしたが8勝、同じくリーグ5位3.71の山岡泰輔投手は13勝をマークしました。この両投手が有力となると思いますが、チームの勝ち頭山岡投手が2年連続で開幕投手となるのではないでしょうか?

このように予想しましたが、こちらも山岡投手で確定したようです。

以上、12球団の開幕投手をずばり予想しましたが、大半の球団で開幕投手を明言、公言しています。昨年の成績や実績から妥当な結果となっており、全て予想通りとなりました。残りの投手も開幕までのキャンプやオープン戦での仕上がり、成績を見ながら今後も予想をしていきたいと思います。

開幕投手の歴代最多回数、最年少は?

プロ野球が1936年に発足して以降、当初は1リーグ制、1950年からは2リーグ制となりますが、1957年までは13~15球団ありました。1958年以降は2リーグ、セパ6球団ずつで固定されてきました。

ここでは1958年以降2019年までの歴代の開幕投手の最多回数を見ていきたいと思います。

歴代の開幕投手最多回数は?

順位回数氏名球団
1位14回鈴木啓示近鉄
2位13回村田兆治ロッテ
3位12回山田久志阪急
4位10回金田正一国鉄(6回)巨人(4回)
東尾修太平洋、クラウン、西武
6位9回平松政次大洋
松岡弘ヤクルト
北別府学広島
星野伸之オリックス(7回)阪神(2回)
涌井秀章西武(5回)ロッテ(4回)
11位8回西崎幸広日本ハム
石川雅規ヤクルト

歴代回数1位は鈴木啓示投手の14回ですが、金田正一投手は1957年以前を含めると14回のトップタイです。2位の村田兆治投手は1975年から8年連続の後、3年空いて1986円から5年連続で務めています。山田久志投手は12回と歴代3位ですが、1975年から12年連続の開幕投手でした。

開幕投手といえばチームのエース格ですので移籍するケースは少なく、回数が多い投手ほど単一球団で務める傾向がありますが、FA制度によりエース格の投手移籍が珍しくなくなったため星野伸之投手、涌井秀章投手のようにFA移籍した先の球団でも開幕投手を務めるケースもあります。

さらに近年ではメジャー移籍が増えてきたため、7年連続の上原浩治投手、6年連続の松坂大輔投手、5年連続の黒田博樹投手、ダルビッシュ有投手、岩隈久志投手、井川慶投手など絶対的なエースの面々は、メジャー移籍により通算回数はランキング外にとどまっています。

なお最大ブランクは、2002年にヤクルトで開幕投手を務めた藤井秀悟投手が10年間のブランクを経て2013年に横浜で開幕投手、次いで1994年にヤクルトで開幕投手を務めた川崎憲次郎投手が9年間のブランクで2004年に中日で開幕投手を務めています。

番外編としてはジャイアンツの江川卓投手、西本聖投手は1980年から1987年まで交互に4回ずつ開幕投手を務めるといったWエースならではの珍しいパターンもあります。

さらに最多9球団の開幕投手が前年と同じ顔触れとなった年が1976年、89年の2度ありました。76年の顔触れは巨人堀内恒夫、大洋平松、ヤクルト松岡、広島外木場義郎、太平洋東尾、阪急山田、日ハム高橋直樹、ロッテ村田、近鉄神部年男の9投手が1975年と同じでした。

89年は巨人桑田真澄、阪神仲田幸司、ヤクルト尾花高夫、広島北別府、西武工藤公康、オリックス佐藤義則、日ハム西崎、ロッテ村田、近鉄阿波野秀幸の9投手が1988年から連続。エース格が務めるだけあり連続で開幕投手となるケースは珍しくありませんが、12球団中9球団が前年と同じというケースは稀でしょう。

まとめ

プロ野球の開幕投手には球団の顔、エースと呼ばれる投手が上がります。2020年のペナントレース、シーズン開幕が近づいてきましたので、12球団の開幕投手を予想してみました。

  • 巨人菅野智之投手◎
  • DeNA今永昇太投手
  • 阪神西勇輝投手◎
  • 広島大瀬良大地投手◎
  • 中日大野雄大投手◎
  • ヤクルト石川雅規投手◎
  • 西武ザック・ニール投手◎
  • ソフトバンク千賀滉大投手×
  • 楽天則本昴大投手◎
  • ロッテ石川歩投手×→美馬学投手◎
  • 日本ハム有原航平投手◎
  • オリックス山岡泰輔投手◎

と予想しましたが、◎印はすでに各球団で明言されており確定しています。他の投手もキャンプ、オープン戦の状況を見て修正していきたいと思います。

さらに歴代のプロ野球で開幕投手の最多回数務ランキングの上位には

  • 1位は14回の近鉄鈴木啓示投手、4位10回の金田正一投手は1957年以前を含めれば14回で最多タイ
  • 2位は13回のロッテ村田兆治投手
  • 3位は12回の阪急山田久志投手、12年連続はプロ野球最長連続回数

といった歴代の名投手が名前を連ねました。

2020年の開幕投手は誰になるのか?待ちきれないプロ野球のシーズン開幕まで開幕投手を予想して楽しみたいと思います!

(Visited 2,741 times, 2 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。