プロ野球

プロ野球背番号永久欠番一覧とその歴史、次の永久欠番候補は?

投稿日:

プロ野球選手の背番号と言えば選手の名刺のようなもの。さらに偉大な功績をあげた選手が引退するときにその背番号を以降他の選手がつけられないよう欠番とするのが永久欠番です。

長いプロ野球の歴史において永久欠番となった選手にはどんな選手がいるのか?永久欠番の一覧と次の候補者がいるのかについて紹介します!

プロ野球永久欠番の一覧とその歴史

選手時代の功績による永久欠番

球団番号選手ポジション
読売ジャイアンツ1王貞治内野手
3長嶋茂雄内野手
4黒沢俊夫外野手
14沢村栄治投手
16川上哲治内野手
34金田正一投手
阪神タイガース10藤村富美男内野手
11村山実投手
23吉田義男内野手
中日ドラゴンズ10服部受弘投手
15西沢道夫内野手
広島カープ3衣笠祥雄内野手
8山本浩二外野手
15黒田博樹投手
埼玉西武ライオンズ24稲尾和久投手

ジャイアンツの永久欠番は6名います。言わずと知れたONコンビの王貞治、長嶋茂雄両氏に打撃の神様川上哲治氏、400勝投手金田正一氏は選手としての実績、プロ野球界での功績が称えられての永久欠番です。

一方で黒沢俊夫氏は、1936年に名古屋金鯱軍に入団、その後兵役を経て1944年に東京巨人軍に移籍します。巨人軍では千葉茂、川上哲治氏とクリーンナップを組むなど活躍しますが、1947年に腸チフスを患い33歳の若さで病死してしまいます。

黒沢選手は病気を隠して試合に出場し現役選手のまま病死したことで球団葬で弔われ、千葉選手を中心に選手有志から永久欠番にするよう提案されたことから永久欠番となりました。

伝説の沢村栄治投手は、京都商業を中退して読売巨人軍の前身で1934年に結成された大日本東京野球倶楽部に参加、ジャイアンツ設立当初から所属、日本プロ野球史上初のMVP、3度のノーヒットノーランなど快速球投手として活躍しました。

関連記事:プロ野球12球団のチーム名変更の変遷。身売り、移転の歴史とは?

しかし戦時中の兵役により1944年に27歳の若さで戦死、兵役で野球ができなかったシーズンもあり通算5年しか現役時代がありませんが、在籍中の功績と栄誉をたたえ背番号14を永久欠番にすると同時に「沢村栄治賞」も設立されました。

黒沢氏、沢村氏はともに選手として立派な数字を残していますが、若くして亡くなったことと球界、球団への功績へ敬意を表しての永久欠番であり日本球界初の永久欠番となりました。

王貞治選手は868本のホームラン世界記録を始め、プロ野球の長い歴史を語る上で長嶋茂雄選手とともに欠かせない偉人です。両選手はONとして巨人軍のV9時代をけん引した球団史上最大の功績者です、。仮に永久欠番でなかったとしてもその背番号の重みに耐えられる選手はなかなかいないでしょう。

川上哲治氏は、熊本工業から1938年に東京巨人軍に入団、赤バットをトレードマークに通算18年の現役生活で首位打者5回、本塁打王2回、MVP3回など数々のタイトルを獲得。監督としても14年務めV9を含む優勝11回とジャイアンツの黄金時代を築いた功労者でした。

金田正一氏は、愛知の享栄商を中退して1950年シーズン途中に国鉄スワローズに入団します。入団15年後の1965年に巨人へ移籍、400勝を節目に現役を引退し、背番号34はジャイアンツの永久欠番となりました。引退後、名球会を設立したことでも有名です。

プロ野球チームとして最初に設立され長きにわたって黄金時代を築いてきたジャイアンツの永久欠番が多いのも納得です。

阪神タイガースの永久欠番は初代ミスタータイガース藤村富美男氏、二代目ミスタータイガース村山実氏、牛若丸の愛称で守備の達人として活躍した吉田義男氏の3名です。

藤村富美男氏は、阪神タイガースの前身大阪タイガースの設立時の1936年に入団、初代本塁打王を獲得します。「物干し竿」と例えられるほど長いバットを使い数々のタイトルを獲得。1955年から兼任監督、1957年から監督に就任し、1958年には現役復帰するも1959年に引退した際に背番号10が永久欠番とされました。

二代目ミスタータイガースの村山実氏は、1959年に関西大学からタイガースに入団、最多勝2回、沢村賞3回、MVP1回など現役14年間阪神のエースとして活躍。関大時代からの背番号11を阪神でもつけるなど11にこだわりをもっていましたが、1972年の引退時には見事に永久欠番となりました。

吉田義男氏は、1953年に立命館大学を中退してタイガースに入団、現役通算17年でベストナイン9回、盗塁王2回など獲得、現役引退後は阪神の監督を3度務め1985年に日本一も果たしました。1987年の監督退任後に背番号23が永久欠番になりますが、監督時代の背番号は1、81、83でした。

巨人、阪神に次ぐ老舗球団の中日からは服部受弘(つぐひろ)投手、西沢道夫選手の2名が永久欠番となっています。この両氏が永久欠番となった経緯は、これまでの選手とはちょっと事情が異なります。

服部選手は、元々強打の捕手として1939年に中日の前身である名古屋軍に入団しますが、途中からは投手に転向し投手として112勝、打者としても本塁打王1回獲得しています。

同じように西沢選手も1937年に名古屋軍に投手として入団しますが、途中ゴールドスター金星に移籍し野手に転向します。その後中日に復帰してからは野手として首位打者、打点王を1回獲得しています。

両選手とも球団の中心選手でしたが、1958年にチーム若返りのために球団から永久欠番にすることを条件に引退を勧められたといういきさつがあって、服部選手の10番、西沢選手の15番が永久欠番となったものでした。

広島の永久欠番は、鉄人衣笠祥雄氏、ミスター赤ヘルの山本浩二氏、メジャーリーグでも活躍した黒田博樹氏の3名となっています。この3氏は名球会入りも果たしていますが、衣笠氏、山本氏は1975年の球団初優勝時に赤ヘル軍団の中心打者として活躍、黒田投手はメジャーの高額オファーを蹴ってカープに復帰して25年ぶりの優勝に貢献しました。

関連記事:プロ野球名球会メンバーの血液型、B型やO型は本当に多いのか?

特に衣笠選手は通算23年の現役生活で、当時の世界記録となる連続試合出場記録2131試合を更新(最終的に2215試合)し国民栄誉賞を受賞しています。永久欠番の選手で国民栄誉賞を受賞しているのは王貞治氏、長嶋茂雄氏(松井秀喜氏と同時受賞)の3名のみです。

埼玉西武の永久欠番は前身の西鉄ライオンズ時代に鉄腕の愛称で活躍した稲尾和久氏です。大分県の別府緑丘高校時代は無名ながらも1956年西鉄ライオンズに入団、当初は打撃投手を務めながらめきめきと頭角を現します。

1958年の日本シリーズでは3連敗から4連勝、逆転日本一の立役者となり6試合に登板したことから「神様、仏様、稲尾様」とまで言われました。現役引退後、監督就任時にも背番号24をつけていましたが、西鉄から西武に球団が身売りされる時に24番を永久欠番とする話を断ります。

その後西武では24番をつけた選手は秋山幸二選手、小野和義選手などいましたが、稲尾氏逝去後の2012年にその功績をたたえ永久欠番とされました。

その他の永久欠番

球団番号選手役職
北海道日本ハムファイターズ100大社義規オーナー
東北楽天ゴールデンイーグルス10サブメンバー
77星野仙一監督

日ハムの大社義規氏の永久欠番は、親会社日本ハムの創業者で1973年日拓フライヤーズを買収して日本ハムファイターズのオーナーに就任、球界きっての野球好きオーナーとして1981年の日ハム初優勝の胴上げ時に来ていた背番号100が2009年に永久欠番となったものです。

東北楽天ゴールデンイーグルスの10は、先発メンバー9人につづく10人目、サブメンバーの一員という意味で欠番とされたもので球団創立時から制定されています。さらに77は、2013年に東北楽天を球団初のリーグ優勝、日本一に導いた闘将星野仙一監督の背番号です。

また事実上の永久欠番として千葉ロッテマリーンズの背番号26はファンのための番号として欠番扱いになっています。これはファンはベンチ入り25人に次ぐ26番目の選手を意味しています。このように選手以外でも、球団の功労者に対する敬意や特別な意味をもった永久欠番もあります。

なお消滅した球団の近鉄バファローズ鈴木啓示投手の背番号1も永久欠番となりましたが、2004年のオリックスとの合併により本人の辞退を受けて永久欠番が解消されているものもあります。

次に永久欠番になる候補は?

今まで永久欠番になった選手の顔触れを見るとレジェンド級の実績を残した選手が大半です。永久欠番になる最低条件として、選手としての実績であれば名球会会員であることは必須になると言えそうです。

選手時代の実績以外で永久欠番になるケースはかなり稀だとは思いますが、野球界に多大なる貢献をした野球関係者が表彰される野球殿堂入りしているか国民栄誉賞を受賞していることは少なくとも必須かもしれません。

また永久欠番となる背番号についても、現役引退後、監督、コーチ時代も同じ番号を着用するか、現役引退後すぐに永久欠番になるケース、亡くなってからというケースもあります。

最近は日本で活躍してからメジャーリーグへ移籍、日本時代から背番号が変更されることも多いため、現役時代から一貫して同じ背番号を付けること自体が珍しくなってきました。

永久欠番になることの最低条件として、レジェンド級の実績、功績を残したうえで現役引退後すぐに永久欠番となるか同じ背番号を着用し続ける、あるいはしばらく欠番となっていることが挙げられるのではないでしょうか。このような条件を満たす選手を上げてみました。

球団番号選手ポジション
読売ジャイアンツ10阿部慎之助捕手
55松井秀喜外野手
東京ヤクルト27古田敦也捕手
オリックスバファローズ51イチロー外野手

ジャイアンツのレジェンド級の選手で言えば、松井秀喜選手、阿部慎之助が挙げられます。しかし松井選手の55番は2009年から13年まで現日ハムの太田泰示選手が着用した期間があり現在は欠番となっていますが、今後松井選手が監督として復帰して55番を着用するようなことがあれば永久欠番となるかもしれません。

阿部慎之助選手の10番は、かつて張本勲選手、駒田徳広選手も着用していました。張本選手は東映から移籍、巨人の後にもロッテへ移籍、同じく駒田選手も横浜へ移籍しているので、10番としては阿部慎之助選手が対象者になると思われますが、現役引退後は80番をつけて2軍監督に就任しています。

関連記事:阿部慎之助の年俸総額と推移、通算成績は?背番号80で2軍監督に!

阿部選手はレジェンド級の実績ですが、かつて張本選手、駒田選手が着用していたことや阿部選手本人が現在80番を着用していることから永久欠番になることはないかもしれません。すでにジャイアンツには永久欠番が6名いることからも背番号が枯渇してしまうことを考慮するとなおさらでしょう。

東京ヤクルトの古田敦也捕手の27番は、古田選手の選手兼任監督時代も着用しており引退後も欠番となっています。再度古田監督就任となった時に27番を着用した場合は、永久欠番になるという可能性もあるかもしれません。

最後は今さら説明も必要のない選手、イチロー選手です。オリックス時代に着けていた背番号51はその後欠番となっています。現在は事実上の永久欠番という扱いで今後正式に永久欠番となるのかは不明ですが、永久欠番にもっともふさわしい選手ではないでしょうか?

関連記事:イチローの年収推移、最高年俸や年俸総額を一挙公開!

最後に永久欠番になった選手は黒田博樹投手の2016年です。今後、永久欠番となる選手が現れるのかは不明ですが、ハードルが上がっていることは間違いないでしょう。

球団としても活躍した選手の背番号を永久欠番とするよりは、後継者に着けてもらって活躍を促すという効果も期待できるでしょうし、安易に増やせば永久欠番の価値が相対的に低下してまいます。空き番がなくなって背番号そのものが枯渇していくということも考えるでしょう。

次に永久欠番となる選手はもう出てこないかもしれません。逆に永久欠番が貴重で栄誉のあることの裏返しと言えます。

まとめ

プロ野球の永久欠番となった背番号を一覧にしてみましたが、対象選手は15名、選手以外の永久欠番は3つと長いプロ野球の歴史においても永久欠番は18しかありません。

  • 選手15名の内訳は読売巨人軍6名、阪神3名、広島3名、中日2名、西武1名
  • 選手以外では日ハムの元オーナー大社氏の100番、東北楽天の10番と星野元監督の77番
  • 日本初の永久欠番は現役で逝去した巨人の沢村投手と黒沢選手
  • 選手、監督としての実績、功績のみならずオーナー、ファンへの敬意から永久欠番となるケースもある

ただし永久欠番の大半は球界黎明期から昭和の時代に実績を残した選手です。それ以降は大活躍した選手の背番号は、次代の選手に受け継がれていくという傾向も強く、よほどのことがない限り永久欠番にはなりにくいといえるかもしれません。

イチロー、松井選手ほどの日米での活躍、実績があっても正式な永久欠番となることはないかもしれません。それだけ永久欠番が貴重で栄誉あることだと言えます。次に永久欠番となる候補者は誰なのか?興味深いですね。

(Visited 69 times, 4 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。