プロ野球

イチローの年収推移、最高年俸や年俸総額を一挙公開!

更新日:

シアトルマリナーズのホーム球場、セーフィコフィールド

2019年3月21日、東京ドームにおいて開幕シリーズとして開催されたアスレチックス戦の終了後、引退を発表したメジャーリーガーのシアトルマリナーズイチロー選手。日本プロ野球からメジャー移籍後までの活躍ぶりは今さら言うまでもありません。

数々の記録やタイトルを引っさげ、日本人のメジャーリーガー、世界に誇るアスリートとして記憶にも最も残る人物と言っても良いでしょう。

そんなイチロー選手が一体プレイヤーとして生涯いくらの年俸を稼いだのか?年俸総額や最高年俸など気になる年収の推移を紹介したいと思います。

関連記事:イチロー草野球チームが智辯和歌山?!と対戦する理由!試合にも出るのか?

日本プロ野球時代(オリックスブルーウェーブ)

イチロー選手は、1991年のドラフト4位で愛工大名電高校からオリックスブルーウェーブに入団します。シーズンでは1992年からメジャー移籍する前年の2000年まで9年間日本プロ野球のオリックスブルーウェーブに在籍していました。

では見てみましょう。

年齢年俸
199219430万円(契約金4,000万円)
199320800万円
199421800万円
1995228,000万円
1996231億6,000万円
1997242億6,000万円
1998254億3,000万円
1999265億
2000275億3,000万円

イチロー選手を一躍全国区にしたのが日本プロ野球史上初の1シーズン200本安打を達成した1994年には登録名を鈴木一朗からイチローに変更しています。この年の契約更改で年俸は一挙10倍の8,000万円まで増えました。

翌年の1995年は1月の阪神大震災で本拠地神戸も被災、震災からの復興を目指しチームは悲願のリーグ優勝を達成しました。自身も2年連続MVP、首位打者、打点王など5部門でタイトルを獲得、年俸も倍増の1億6,000万円と入団5年目で1億円プレイヤーの仲間入りを果たします。

その後、年俸は右肩上がりと順調に増やしていき、2000年のシーズンオフにポスティングによるメジャー移籍を表明し2001年からはメジャーリーグでプレーすることになります。

メジャーリーグ時代(マリナーズ~ヤンキース~マーリンズ~マリナーズ)

2001年からはメジャーリーグのシアトルマリナーズでプレーすることになります。日本人野手初のメジャーリーガーの誕生です。イチロー選手はメジャー移籍1年目から活躍し、以後メジャーリーグのスタープレイヤーとして君臨し続けます。球団所属別の年俸の推移を見ていきましょう。

シアトルマリナーズ時代

2000年に3年総額1,400万ドルで正式契約を結んだイチロー選手の年俸は、マリナーズ時代も右肩上がりに増えていきます。

年齢年俸・ドル年俸・円換算(1$レート)
200128466万ドル約5億6,600万円(121.5)
200229467万ドル約5億8,600万円(125.4)
200330467万ドル約5億4,100万円(115.9)
200431650万ドル約7億300万円(108.2)
2005321,250万ドル約13億7,800万円(110.2)
2006331,250万ドル約14億5,400万円(116.3)
2007341,250万ドル約14億7,200万円(117.8)
2008351,800万ドル約18億6,100万円(103.4)
2009361,800万ドル約16億8,500万円(93.6)
2010371,800万ドル約15億8,000万円(87.8)
2011381,800万ドル約14億3,600万円(79.8)
2012391,800万ドル約14億3,600万円(79.8)

移籍前後はメジャーで通用するのか不安視する声もありましたが、2001年の移籍1年目からMVP、新人王、首位打者、盗塁王など多くのタイトルを獲得し、不安視する声を完全に吹き飛ばしました。

それ以降もシーズン安打数、通算安打数の記録をはじめオールスターの常連になるなどメジャーリーグでも存在感の大きな選手となりました。2008年以降は5年9千万ドルで契約を延長し、自身最高の年俸1,800万ドルを5年間継続することになります。

ニューヨークヤンキース時代

マリナーズで12年間プレイした後、2012年の7月イチロー選手1人に対して相手選手2人という2対1のトレードでニューヨークヤンキースへ移籍します。この時、背番号は自身初めて51番以外の31番をつけることになります。

年齢年俸・ドル年俸・円換算(1$レート)
201340650万ドル約6億3,400万円(97.6)
201441650万ドル約6億8,800万円(105.9)

ヤンキースへの移籍年2012年は安打数、打率など低迷し、2013年には2年総額1,300万ドルでヤンキースと2年契約を結びますが、年俸を1,800万ドルから650万ドルへ大きく下げてしまいました。

それでも2013年には日米通算安打数4,000安打を達成、日米で話題になるなどまだまだ存在感の大きさを示していました。しかしFAとなった2015年の1月にマイアミマーリンズと契約を結ぶことになります。

マイアミマーリンズ時代

2015年の1月に年俸200万ドル+出来高の1年契約を結び、年俸はさらに大きく下げてしまいます。

年齢年俸・ドル年俸・円換算(1$レート)
201542200万ドル約2億4,200万円(121.0)
201643200万ドル約2億1,800万円(108.8)
201744200万ドル約2億2,400万円(112.1)

マーリンズ時代は単年契約で200万ドルが3年続きましたが、背番号は51番に復帰、2016年には史上30人目のメジャー通算3,000安打を達成しました。しかし2017年のオフに契約更新されずマーリンズを退団することになります。

シアトルマリナーズ(2回目)時代

2018年は自身初のキャンプイン時に所属球団が決まっていない事態となりましたが、3月にマリナーズと1年契約を結ぶこととなりました。

年齢年俸・ドル年俸・円換算(1$レート)
20184575万ドル8,300万円(110.4)
20194675万ドル8,200万円(109.3)

2018年は75万ドルまで年俸を下げてしまいますが、出来高で200万ドルまで増える契約でした。しかし5月には会長付特別補佐としての契約を結び、残り試合は選手として試合に出場しないこととなりました。

そして2019年はマリナーズとのマイナー契約となり、3月にメジャー契約に切り替わった後の20日、21日に東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕2連戦に出場後、引退を表明しました。

生涯最高年俸と年俸総額は?

18歳でオリックスブルーウェーブに入団し、メジャーリーグへ移籍、45歳で引退するまで28年間の現役生活を送ったイチロ-選手ですが、生涯最高年俸と年俸総額は

  • 年俸総額は約188億円。年平均で約6億7,000万円の計算になります。
  • 最高年俸は2008年から2012年までの5年総額9,000万ドル、単年1,800万ドル、日本円にして約18億円(1$100円換算)が5年間続いています。
  • 日本プロ野球時代は2000年の5億3,000万円が最高年俸、当時の日本プロ野球の最高年俸でした。

最高年俸が約18億円というのはさすがメジャーリーグというのもありますが、オリックス時代の年俸総額が9年間で約19億8,000万円ですので、メジャー1年で日本プロ野球9年分を稼ぐというのも驚きです。

何よりも一番すごいのは28年間、日本9年、メジャー19年とレベルの高いメジャーで20年近くプレーしたことではないでしょうか?その間、数々の記録を打ち立てましたが、この先イチロー選手を超える日本人メジャーリーガーは現れないと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

イチロー選手が1991年にオリックスブルーウェーブに入団してから、2019年にシアトルマリナーズで引退するまでの年収の推移を紹介してきました。メジャー19年で稼いだ額は約168億円とメジャーで長らく活躍したことの証左とも言えます。

生涯の年俸総額と最高年俸は

  • 年俸総額は、現役28年間で約188億円
  • 最高年俸は、2008年から2012年までの単年換算1,800万ドル、日本円で約18億円(1$100円換算)

でした。記録、記憶、年俸ともに日本人最高のプロ野球選手だったイチロー選手が引退してしまったのは寂しい限りです。

メジャーリーグで20年近くも現役生活を送ることができる日本人選手はこの先現れるのでしょうか?まだまだ日本プロ野球から目は離せないですね~。

(Visited 415 times, 1 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。