プロ野球

千賀滉大の身長、体重、出身中学や経歴。甲子園に無縁だった高校時代とは?

更新日:

福岡ドーム

今や侍ジャパン日本代表のエースの風格がある福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手。2019年に開催されたプレミア12には調整不足のため不出場、2020年のプロ野球シーズン開幕戦にも間に合いそうにありませんが、千賀投手なくして日本代表は戦えないといっても過言ではありません。

関連記事:2020東京五輪野球メンバーとスタメン予想!日本戦の日程や大会方式は?

そんな千賀投手が育成ドラフト出身なのは有名ですが、甲子園とは無縁だった高校時代から育成ドラフトを経て飛躍した千賀投手の身長、体重、出身中学などの経歴や高校時代のエピソードを紹介します。早速見てみましょう!

千賀滉大投手のプロフィールと甲子園とは無縁の高校時代

千賀滉大投手は、2010年に育成ドラフト4位で愛知県の公立高校蒲郡高校から福岡ソフトバンクホークスに入団。プロフィールについて見ていきましょう。

名前千賀滉大(せんが こうだい)
誕生日1993年(平成5年)1月30日
投打・ポジション右投左打・投手
出身愛知県蒲郡市
出身校蒲郡市立中部中学
愛知県立蒲郡高校
身長・体重186㎝、84㎏
ドラフト年、順位2010年育成ドラフト4位

千賀投手は小学生の時は軟式野球チーム、中学も学校の部活動の軟式野球部に所属、そこから近所の愛知県の公立高校に入学して野球を続けました。

この時は高校で野球を続ける気はなかったそうですが、高校野球部の練習に一度参加した際に当時は120㎞そこそこだったものの球速が一番早かったため野球部に入らざるをえなくなって入部しました。

入部後は1年生ながら夏の大会に登板、その時に感じたマウンドの独特の雰囲気にはまって野球を続けることになります。しかし当時も愛知県と言えば私学4強を中心に強豪校がたくさんあって、夏の大会は3年時の3回戦が最高の成績です。

千賀投手が2年生の時には、中京大中京が夏の甲子園を制覇します。1学年上には広島に入団した堂林翔太投手、同級生には同じく広島に入団した磯村嘉孝捕手がいて、甲子園は遠すぎる場所でした。

また高校時代の千賀投手はケガも多く、大会で満足に投げられることは少なかったようです。それでも球速は3年生時には140㎞近く出るようになりますが、特に目立った存在ではありませんでした。

しかしアマチュア野球に詳しい地元愛知県のスポーツショップを経営する西川正二さんが、ソフトバンクのスカウトに「面白い投手がいる」と勧めたことをきっかけに育成4位で指名されることになります。

その際にも千賀投手は指名はないものだと思って大学進学も考えていたそうです。そもそも高校3年間でプロ入りするなんて思ってもいなかったとのことですから、当然でしょう。

振り返ってみれば、高校野球部の練習に参加していなかったら、ソフトバンクのスカウトに進めてくれる人がいなかったら、そしてソフトバンクが獲得していなかったら、果たして今の千賀投手が誕生していたでしょうか?

本人の努力、才能があったからこそではありますが、ちょっとしたきっかけでここまで人生が大きく変わる選手というのも珍しいですね。

それにしても愛知県の全国的に無名の公立高校からプロで活躍した投手が多いのも奇遇です。中日ドラゴンズから名球会入りした岩瀬仁紀投手は西尾東高校、同じくドラゴンズでセットアッパーとして活躍した浅尾拓也投手は常滑北高校と公立高校にはまだまだ逸材がいるかもしれません。

関連記事:プロ野球育成選手の年俸、給料は?制度や待遇の違い、活躍した選手は?

ソフトバンクに入団した千賀投手は2年目のキャンプから好調を維持し、支配下登録されるようになります。入団後の年度別の成績を見てみましょう。

千賀投手の年度別成績は?

入団1年目からの千賀滉大投手の年度別成績は以下の通りです。

年度登板先発完投(完封)勝利敗戦防御率
2012220(0)019.64
20135100(0)142.40
20141900(0)111.99
2015430(0)210.40
201625253(0)1232.61
201722220(0)1342.64
201822221(1)1373.51
201926262(2)1382.79
202018181(0)1162.16
通算1891187(3)66352.69

1年目の2011年は3軍戦での登板のみ、2軍戦はみやざきフェニックスリーグでのみ登板してます。2012年の春季キャンプの紅白戦で好投した千賀投手は、キャンプ終盤に1軍に抜擢されますが、その後ケガをして開幕は2軍で過ごしました。

その後、2軍で活躍し4月末に1軍デビューを果たします。しかしこの年は2試合のみの登板で終わりますが、2軍では最優秀防御率のタイトルを獲得します。

2013年にはセットアッパーとして1軍に定着、救援投手による公式戦連続無失点イニングのパリーグタイ記録を樹立します。2014年も救援投手として1軍登板を重ねますが、右肩の違和感から6月に登録抹消し残りシーズンは実戦登板はありませんでした。

2015年からは先発に転向しますが、1軍昇格は8月だったため結局4試合の登板に終わりました。そして2016年からは一気に開花し12勝をマーク、2017年にはワールドベースボールクラシックで日本代表に選抜、最優秀投手に輝いています。

2018年、2019年は開幕投手も努めるほどのチームの大黒柱となりました。2019年には令和初のノーヒットノーランを達成するなど球界を代表する投手にまで上り詰めました。

2020年はコロナ禍によりシーズン試合数は120試合に短縮されましたが、最多勝11勝、最優秀防御率2.16、奪三振数149の三部門でタイトルを獲得、チームの3年ぶりのリーグ優勝に大貢献しました。

千賀投手の生涯年俸(2020年まで)は?

千賀滉大投手は2010年に育成選手として支度金300万円、年俸270万円で契約しました。現役生活はまだ9年ですが、年度別の年俸推移は以下の通りです。

年度年俸(推定)
2011270万円
2012440万円
2013650万円
20143,300万円
20152,500万円
20162,500万円
20176,500万円
20181億2,500万円
20191億6,000万円
20203億円
通算7億4,660万円

育成選手として入団しただけあって最初の3年目までは1,000万円にも満たない年俸ですが、2013年に1軍定着して好成績をあげると翌2014年の年俸は一気に3,300万円まで急上昇します。

登板数が減った2014年、2015年の翌年は年俸を2,500万円に減らしますが、コンスタントに10勝をあげるようになると年俸も順調に増えていき、2018年に1億円の大台を突破すると、2020年は3億円に到達します。まさしく育成選手から3億円選手とはまさしくジャパニーズドリームですね。

2017年は勝率1位、2019年は最多奪三振、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど今やパリーグを代表するエースとなりました。プライベートでは、千賀投手は2015年オフに22歳で一般女性と結婚、2017年には第一子が誕生しています。

本人はメジャー志向が強いようですので、近い将来メジャーデビューを果たす日が来るかもしれません。

まとめ

2010年にソフトバンクの育成ドラフト4位で入団した千賀昂大投手、入団9年で日本代表のエース格にまでのぼりつめた千賀投手の身長、体重や出身中学などのプロフィールや経歴と、甲子園とは無縁だった高校時代はどんな高校球児だったのか紹介しました。

  • 小中と軟式野球でプレー、高校も野球では無名の地元の県立蒲郡高校に進学
  • 高校時代は野球を続けるつもりはなかったが、一度練習に参加して入部することに
  • 高校時代の夏の大会の最高成績は3年生時の3回戦、当時はケガにも泣かされた
  • 入学当時は120㎞そこそこの球速が3年生時には140㎞近くまで伸びるも全国的には無名
  • 地元のアマチュア野球に詳しい人がソフトバンクのスカウトに千賀投手を進めたことから育成ドラフトで指名される

育成選手として入団以降、かなり早く支配下選手登録され1軍にもすぐに定着します。プロ入り後の変遷は

  • 1年目は2軍登板もなく2年目に1軍デビューを果たす
  • 3年目、4年目はセットアッパーとして1軍に定着、2015年以降は先発へ転向
  • 先発転向後は4年続けて10勝以上の成績、WBC日本代表にも選ばれ最優秀投手に
  • 育成時代の年俸270万円から2020年の年俸は3億円まで到達

など今やチームどころか日本代表に欠かせない存在です。千賀投手本人はメジャー志向も強いようですのでメジャーデビューしてメジャーリーガーをきりきり舞いさせる日が近い将来訪れるかもしれないですね。

(Visited 1,462 times, 82 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。