プロ野球

巨人岡本和真、身長、体重など経歴、年俸推移や高校時代のポジション、通算本塁打は?

更新日:

2018年プロ入り4年目に22歳の若さでジャイアンツ第89代目の4番打者を背負うことになった新若大将岡本和真選手。2年連続で30本塁打以上をマークし、真の4番打者へと近づきつつあります。

高卒生え抜き選手の4番打者として200試合以上に出場したのは松井秀喜選手以来となります。それだけに巨人、日本球界を代表する選手へと成長することへの期待が高まります。

そんな岡本選手の身長、体重、年俸推移などの経歴から高校時代の通算本塁打、ポジションなども紹介します!

岡本和真選手の身長、体重と経歴

岡本和真選手は、2014年にドラフト1位で読売巨人軍から指名、内野手として2015年に入団しました。プロフィールについて見ていきましょう。

名前岡本 和真(おかもと かずま)
誕生日1996年(平成8年)6月30日
投打・ポジション右投右打・内野手
出身奈良県五條市
出身校智辯学園高校
身長・体重185㎝、96㎏
血液型A型
ドラフト年、順位2014年1位

岡本選手は、軟式で野球を始め小学校時代は投手兼内野手として小学校4年生から4番打者を務めます。中学校時代は「橿原磯城リトルシニア」に所属し、2年生時には全日本中学野球選手権ジャイアンツカップでベスト4に進出、3年生時にはシニア日本代表の4番として全米選手権で優勝も経験します。

高校では20校近くからスカウトされるも憧れていた地元奈良県の智辯学園に入学。入学直後の1年春からベンチ入りするも1,2年生時には甲子園出場できませんでしたが、3年時には春の選抜大会、夏の選手権にも出場しました。

3年生時の第86回選抜大会の1回戦の三重高校戦では1試合2本塁打を放ち2回戦進出するも、2回戦は佐野日大に敗れます。続けて夏にも第96回選手権大会にも出場しますが、明徳義塾に初戦敗退を喫します。

高校時代のポジションは主に一塁手として試合出場しますが、甲子園では三塁を守ることもありました。また投手としても甲子園のマウンドにもあがっています。高校通算本塁打は73本塁打と長距離砲としての片りんを見せます。

夏の甲子園大会後には第10回18Uアジア野球選手権大会の日本代表にも選ばれ、4番打者として打率.437、5打点と活躍、準優勝に大きく貢献しました。2014年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け入団します。

続いてプロ入り後の通算成績について見てみましょう!

岡本和真選手の通算成績

2015年に入団し1年目の2015年から高卒内野手として1軍の公式戦17試合に出場します。以降2020年までの通算6年間の成績を見ていきましょう。

年度試合打席打数安打打点本塁打打率
2015173128641.214
201631010100.100
2017153531620.194
201814361654016710033.309
20191436285551479431.265
20201185004401219731.275
通算3211320116432720065.279

プロ入り1年目の2015年8月に一軍昇格、9月には代打で出場し通算3打席目で初本塁打、初打点を記録します。高卒新人野手の公式戦本塁打は松井秀喜選手以来、18歳での代打本塁打は球団史上最年少の記録となりました。

2年目となる2016年は2軍のイースタンリーグで4番打者として出場、1軍の公式戦は3試合の出場にとどまりましたが、イースタンリーグのフレッシューオールスター、ファーム日本選手権ではともにMVPに選出されています。

2017年も開幕は初の一軍登録で迎え7番レフトで開幕スタメンを果たしたものの以降は2軍での出場が中心となり、1軍での出場試合数は15試合、本塁打も2年連続で0本に終わりました。

しかし2018年はオープン戦から好調を維持し開幕スタメンを6番ファーストでつかみ取ると、開幕2戦目、3戦目に連続ホームラン。5月まで好成績を維持すると6月には巨人軍第89代目の4番打者を任されます。

この4番を任された試合の第1打席でいきなりホームランを放ち、4番のプレッシャーでリズムを狂わせてしまわないかという首脳陣の心配も吹き飛ばしました。以降、シーズン終了まで4番打者として試合に出続け、全試合出場、33本塁打をマークします。

さらにこのシーズンは打率.309、100打点とプロ野球史上最年少となる22歳での3割、30本塁打、100打点を達成、前年の打率.194、0本塁打、2打点から驚異的な飛躍を果たしました。

2019年は開幕戦から4番ファースト出場します。しかし前半戦は打率を.244まで落とすも、8月以降は復調し最終的に31本塁打を記録しました。シーズン成績は打率.265と前年の3割を大きく下回りますが、チームトップタイの94打点をマーク、2年連続で全試合に出場しリーグ優勝に貢献します。

コロナ禍により試合数が120試合に削減された2020年シーズンは、31本塁打、97打点で2冠を獲得しチームのリーグ連覇に大きく貢献しました。

ジャイアンツの4番打者としてすっかり定着した岡本選手ですが、1年の延期が決定された東京五輪でも日本代表として選出される可能性もあります。勝負強い打撃と一塁、三塁、レフトとこなす守備力が日本代表に加われば、打線の厚みが増しバリエーション豊富なオーダーが組めることで金メダルがより現実的になるでしょう。

関連記事:2020東京五輪野球メンバーとスタメン予想!日本戦の日程や大会方式は?

岡本和真選手の生涯年俸、年俸推移

岡本和真選手は2015年に契約金8,000万円、年俸1,200万円の条件で入団契約しました。2020年までの6年間の生涯年俸、年俸推移を見てみましょう。

年度年俸(推定)
20151,200万円
20161,400万円
20171,200万円
20181,200万円
20198,000万円
20201億4,000万円
通算2億7,000万円

入団1年目は1軍昇格を果たし、出場試合数は17試合と少なかったものの初本塁打を記録するなど翌年の年俸は1,400万円へと増えます。しかし出場試合数が3試合に減った2016年の翌年年俸は200万円減の1,200万円に戻ってしまいます。

15試合と減った2017年の翌年年俸は現状維持となるも、史上最年少で3割、30本塁打、100打点を達成した2018年の翌年年俸は8,000万円と一気に5倍以上増えました。

さらに2019年は2年連続全試合出場とリーグ優勝に大きく貢献すると高卒6年目で一気に1億円超え、松井秀喜選手のように高卒5年目での1億超えとはならなかったものの1億4,000万円まで増加します。

契約更改の席では、「東京ドームの食堂のメロンが硬いので熟したものにしてほしい」というメロン通ならではのユーモアな要望を球団にお願いするという天然ぶりで会見場の笑いを誘いました。

このままジャイアンツの4番として定着し続けていけば、3億、5億と年俸が増えていくのは間違いないでしょう。チームの顔、生え抜きのスター選手として坂本勇人選手の年俸5億円超えまでいつ到達できるのか楽しみです。

関連記事:2019MVP坂本勇人選手の契約更改で2020来季年俸は現状維持?!生涯年俸や成績など経歴は?

まとめ

2018年に22歳の若さでジャイアンツの第89代4番打者を担った新若大将岡本和真選手。2019年は2年連続で全試合出場し、チームのリーグ優勝に貢献、2020年は本塁打王、打点王の2冠を獲得しました。岡本選手の身長、体重から通算成績などの経歴、年俸推移について見てきました。

  • 奈良県五條市出身で中学までは投手兼内野手として活躍、日本代表の4番を務める
  • 智辯学園では3年生時に春夏の甲子園に出場、選抜では1試合2本塁打も記録
  • 高校時代のポジションは一塁手、三塁手が中心、甲子園では投手も経験
  • 2015年にドラフト1位で読売巨人軍に入団、契約金8,000万円、年俸1,200万円で契約
  • 2018年には4番打者を担い、史上最年初で3割、30本塁打、100打点を記録
  • 2019年は2年連続で30本塁打超え、全試合出場してリーグ優勝に貢献
  • 2020年は本塁打王、打点王の自身初のタイトルを獲得
  • 2020年年俸は高卒6年目で1億円超えとなる1億4,000万円

ジャイアンツの4番打者に定着した岡本選手ですが、ポジションも1塁、3里、レフトと複数こなすユーティリティさも持ち合わせます。2021年に予定されている東京五輪の代表選手に選出される可能性も大いにあります。

岡本選手が日本代表に加われば日本の金メダル獲得もぐっと近づくでしょう。今後の活躍が楽しみな選手です!

(Visited 248 times, 1 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。