プロ野球

中日退団松坂大輔が西武復帰、2020年年俸は3,000万円!通算成績や生涯年俸は?

更新日:

西武ドーム

10月に中日ドラゴンズを退団した松坂大輔投手の去就が注目されていましたが、古巣の埼玉西武ライオンズへ14年ぶりに復帰することが決まりました。

西武は11月12日に行われるトライアウト後に正式オファーを出し、今季の推定年俸8,000万円から来季年俸は大幅減の3,000万円で契約、背番号は16に決まりました。松坂投手本人は年俸などの条件面にこだわりはないことからプロ野球入団以来の西武松坂投手が誕生しました。

プロ野球、メジャーリーグで長年にわたって数々の実績を残した松坂投手の気になる通算成績、生涯年俸をまとめました。横浜高校から鳴り物入りで入団した平成の怪物が令和での復活となるのでしょうか?見ていきましょう!

気になる松坂投手の通算成績は?

1998年の甲子園で横浜高校のエースとして春夏連覇を達成した松坂大輔投手ですが、同年のドラフト会議で3球団競合の末ドラフト1位指名を受け西武ライオンズへ入団します。

高卒ルーキーとして入団1年目の1999年からいきなり活躍します。それでは年度別の通算成績を早速見ていきましょう!

西武ライオンズ時代

1999年の1年目から2006年までは西武ライオンズに在籍しました。成績は以下の通りです。

年度登板先発完投(完封)勝利敗戦防御率
199925246(2)1652.60
200027246(2)1473.97
2001333212(2)15153.60
200214112(0)623.68
200329278(2)1672.83
2004231910(5)1062.90
2005282815(3)14132.30
2006252513(2)1752.13

入団1年目は16勝5敗で最多勝、新人王、ゴールデングラブ賞を獲得、高卒ルーキーとして史上初となるベストナインも受賞しました。入団3年目の2001年まで3年連続最多勝、2001年には沢村賞を獲得します。

2002年は右ひじの故障で14登板6勝に終わりますが、これ以外の年では全て2桁勝利、メジャー挑戦の前年2006年には17勝5敗、防御率2.13という驚異的な数字を残しました。

レッドソックス時代

2006年にポスティングシステムによりメジャーリーグのレッドソックスへ移籍します。

年度登板先発完投(完封)勝利敗戦防御率
200732321(0)15124.40
200829290(0)1832.90
200912120(0)465.76
201025250(0)964.69
2011870(0)335.30
201211110(0)178.28

メジャー移籍後もいきなり15勝、翌年には18勝をあげますが、2009年には右肩の疲労で故障者リスト入りした後復帰するものの12登板4勝6敗に終わっています。2010年には9勝で復活の兆しを見せるものの以降は故障者リスト入りを繰り返し思うような成績を上げられませんでした。

メッツ時代

メジャーでの成績が下降するなか、2013年にはインディアンスとマイナー契約を結ぶもののシーズン途中に自由契約となります。しかし同年8月にニューヨークメッツとメジャー契約を結びました。

年度登板先発完投(完封)勝利敗戦防御率
2013770(0)334.42
20143490(0)333.89

2013年のメッツ時代はシーズン後半ながら3勝3敗と復調するかに見えましたが、翌2014年は故障者リスト入りをしリリーフとして起用されます。この年も3勝3敗となりシーズン終了後にはフリーエージェントとなりました。

ソフトバンク・中日時代

メジャーでフリーエージェントとなった松坂投手は2014年に福岡ソフトバンクホークスと3年契約で移籍しました。3年契約が満了後、中日の入団テストを受け合格、中日に移籍します。

年度登板先発完投(完封)勝利敗戦防御率
2016(ソフトバンク)100(0)0018.00
2018(中日)11110(0)643.74
2019(中日)220(0)0116.88

ソフトバンク時代は右肩の故障が長引き、2016年に1試合だけ登板するものの3年間の1軍登板はこの1試合のみに終わりました。球団からは育成選手かコーチ契約を結んだうえでのリハビリ継続を打診されますが、これを拒否し中日ドラゴンズの入団テストを受けます。

中日の入団テストでは無事合格、入団1年目の2018年には見事復帰、11試合登板ながら6勝4敗でカムバック賞を受賞しました。しかし翌年には春季キャンプで右肩を故障、わずか2試合の登板に終わり10月に中日退団となりました。

2020年は古巣埼玉西武ライオンズへの復帰が濃厚です。ここからの復活に期待したいところですね。

気になる松坂投手の生涯年俸は?

松坂投手は1999年に西武からドラフト1位指名、契約金1億円で入団しました。初年度は年俸1,300万円からスタートしますが、以降の活躍に合わせ年俸はメジャー移籍までほぼ右肩上がりに増えていきます。

年度球団年俸(推定)
1999埼玉西武ライオンズ1,300万円
20007,000万円
20011億円
20021億4,000万円
20031億1,500万円
20042億円
20052億5,000万円
20063億3,000万円
2007ボストンレッドソックス8億6,700万円(867万ドル)※
20088億6,700万円(867万ドル)※
20098億6,700万円(867万ドル)※
20108億6,700万円(867万ドル)※
20118億6,700万円(867万ドル)※
20128億6,700万円(867万ドル)※
2013ニューヨークメッツ1,000万円(10万ドル)※
20141億5,000万円(150万ドル)※
2015福岡ソフトバンクホークス4億円
20164億円
20174億円
2018中日ドラゴンズ1,500万円
20198,000万円
2020埼玉西武ライオンズ3,000万円
通算 79億300万円

※メジャーリーグ時代の年俸は米ドル、1ドル100円換算で表記。

高卒ルーキーとして西武ライオンズに入団して以降、途中不振による減俸があったものの8年間で1,300万円から3億3,000万円まで昇りつめます。さらにレッドソックスへポスティング移籍した時には6年総額5,200万ドル、日本円にして52億円と大幅に伸ばします。

メッツ時代は成績が下降気味だったこともあり一気に10万ドルまで落ちますが、翌年には1億1,500万円に回復、ソフトバンクとの契約では3年12億円と日本球界でもトップクラスの年俸まで復帰しました。

中日への移籍1年目はテスト入団からのスタートとなったため1,500万円とまたしても大幅減俸となりましたが、こちらも翌年には8,000万円まで増えています。

西武への古巣復帰となる2020年の年俸は3,000万円に決まりました。松坂投手本人は「プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、ライオンズファンの前で再び野球ができることをとても楽しみにしている」とコメントしました。

生涯で79億円も稼いだ松坂投手にとってもはや年俸の金額は大きな問題ではないでしょう。あくまでも現役にこだわる松坂投手ですが、西武でのカムバックは果たせるでしょうか?

まとめ

中日を退団した松坂大輔投手の埼玉西武ライオンズへの復帰が濃厚となりました。現役生活20年以上となる松坂投手の通算成績、生涯年俸をまとめました。通算成績の主な内容は

  • 入団1年目には最多勝、新人王など数多くのタイトルを獲得
  • 1年目から3年目まで3年連続最多勝、8年目の2006年にはキャリアハイとなる17勝5敗、防御率2.13を記録
  • 2007年のレッドソックス移籍後は、2007年15勝、2008年18勝をあげるも以降は右肩の故障などにより成績は下降
  • ソフトバンク復帰も1軍登板は1試合に終わるが、中日移籍後は6勝をあげカムバック賞を受賞

とレッドソックス2年目までは順調な成績を収めましたが、それ以降は故障に泣かされ低迷と復活を繰り返しました。

さらに生涯年俸は

  • 西武時代は入団1年目1,300万円から8年目には3億3,000万まで順調に増やす
  • 2007年にはレッドソックスと6年総額5,200万ドル(52億円)と年俸は一気に増額
  • 2013年メッツ移籍時は10万ドル(1,000万円)まで年俸は減らすものの翌年には1億5,000万円に復帰
  • 2015年からは福岡ソフトバンクホークスと3年総額12億円と大幅増額
  • 2018年は中日へテスト入団で年俸は1,500万円と大幅減俸となるも翌年には8,000万円まで増額

といった具合にメジャーリーグでの大型契約などもありましたが、成績下降により大幅減俸と大幅増額を繰り返します。それでも21年のプロ野球、メジャーリーガーの生涯年俸は約79億円と夢のような金額を稼いできました。

もはや金額などの条件にはこだわりがない松坂投手、西武復帰も年俸8,000万円からの大幅減俸3,000万円で契約しました。現役にこだわる松坂投手のもう一花が見られるのでしょうか?来シーズンの松坂投手の活躍が見てみたいですね!

(Visited 4,611 times, 1 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。