プロ野球

2020年プロ野球12球団年俸ランキングと総年俸推移!

更新日:

スポーツ選手の中でもとりわけプロ野球選手の年俸は高額で、今でも野球少年の憧れの職業です。近年では1億円を超えるプレーヤーも珍しくなく、2020年の年俸では実に100人を超える1億円プレーヤーが存在します。

今から30年以上前、落合博満選手がロッテから中日に移籍した際に1億3,000万円で契約更改したのが日本人初の1億円プレーヤーの誕生でした。以降は日本人選手の最高峰の年俸は5億円を超えるのが当たり前の時代となりました。

そんな高年俸の時代である2020年の12球団の年俸総額のランキングはどうなっているのか?をまとめました!早速見ていきましょう!

関連:2021年プロ野球12球団年俸ランキングと総年俸推移!年俸総額はどれくらい増えた?

2020年12球団総年俸ランキングは?

2019年はソフトバンクが日本一、パリーグの優勝は西武、セリーグの優勝は巨人でした。令和元年は巨人が12球団1位、ソフトバンクが2位とこの2球団が断トツでしたが、2020年はどうなるでしょうか?

順位球団年俸総額
1位ソフトバンク65.3億
2位巨人43.3億
3位東北楽天34.8億
4位阪神32.1億
5位広島31.1億
6位横浜DeNA30.8億
7位埼玉西武30.3億
8位日ハム28.9億
9位オリックス28.6億
10位ヤクルト26.7億
11位中日24.8億
12位千葉ロッテ24.8億

令和元年までのNPB選手会の調査結果には外国人選手が含まれていないため単純比較はできません。ソフトバンクは外国人選手9人で約25億円、巨人は5人で約7億円とソフトバンクは外国人に人数、金額ともに12球団でも断トツです。

ソフトバンクは、サファテ投手、新加入のバレンティン選手がともに5億円、デスパイネ選手4億円、こちらも新加入ムーア投手が約3.8億、バンデンハーク3億円と3億円超の選手が5人もいます。

関連記事:国内FA権のバレンティンの経歴、出身や通算成績は?年俸5億でソフトバンクへ!

12球団を見渡しても3億円を超える外国人選手は、オリックスのジョーンズ選手4.4億円、中日ビシエド選手3.5億円、巨人サンチェス投手3.4億円の3人のみです。ソフトバンクは3億円超えの選手が9人いますが、そのうちの5人が外国人選手です。

しかし日本人でも3億円超えの選手が柳田選手5.7億円、森投手4.6億円、松田選手4億円、千賀投手3億円の4人います。同じく巨人も菅野投手6.5億が日本人最高額、坂本選手5億、丸選手4.5億円、陽選手3億円の日本人4人が3億円超えの4人と12球団で18人いる3億円プレーヤーのうち8人がこの2球団の選手です。

実力、人気ともに両リーグのナンバー1の球団だけあって年俸総額も飛びぬけていますが、東北楽天も浅村選手の5億円、岸投手、則本投手の3億円と3億円超の選手が3人います。

このため東北楽天は12球団3位の年俸総額となりました。またリーグ2連覇の西武は前年からのアップとなりましたが12球団では7位と、12球団の上位6球団には入りませんでした。

上位6球団にはセリーグ4球団、パリーグ2球団でしたが、リーグの合計額ではセリーグ188.7億円、パリーグ212.6億円とソフトバンクが牽引しパリーグの年俸総額がセリーグを上回りました。

まとめ

2020年の12球団の年俸総額ランキングでは3億円超えの外国人選手を5人抱えるソフトバンクが断トツの1位、巨人が2位という結果になりました。

ここ数年ではソフトバンクの年俸総額の高さが際立っており金持ち球団の巨人をも上回っています。東北楽天も3位とセリーグの人気球団阪神の4位を上回りました。年俸総額でもパリーグがセリーグを上回るなどパリーグの待遇の良さはかつてに比べて向上しています。

球団支出の大半を占める選手年俸なので各球団とも青天井に拠出するわけにもいきませんが、夢のある職業として人気を維持し続けるためにも何とか年俸を高水準で保ってほしいところです。

関連記事:プロ野球の球団経営の仕組み、かつてと異なる球団経営状況とは?

(Visited 4,259 times, 1 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。