プロ野球

2020プロ野球評論家、解説者の順位予想!一覧と予想結果は?

投稿日:

2020年のプロ野球シーズンの開幕が近づいてきました。が、今季は新型コロナウィルスの影響で開幕延期が決定、当初の予定だった3月20日の開幕から早くても4月10日以降への延期、今後のウィルス感染状況次第というまだ見通しの立たない状態ではあります。

関連記事:2020プロ野球の開幕はいつ?無観客での開催や中止はあるのか?

自粛ムードに包まれる日本国内ですが、リスクと向き合いながらもなんとか安全性を確保しつつプロ野球の開幕に向けて関係者が協議を重ねています。ここは無事にウィルス感染状況が終息することを祈りつつ、開幕を迎えるであろうプロ野球評論家、解説者による順位予想の一覧をまとめてみました。

各リーグごとに順位予想を見ていきましょう!

セリーグの順位予想一覧

まずは各評論家、解説者の予想を一覧にしてみました。ちなみに昨年の順位は、1位巨人、2位DeNA、3位阪神、4位広島、5位中日、6位ヤクルトでした。

解説者1位2位3位4位5位6位
岡田彰布阪神DeNA巨人広島ヤクルト中日
達川光男広島阪神DeNA巨人ヤクルト中日
江本孟紀巨人広島阪神DeNAヤクルト中日
古田敦也阪神広島ヤクルト巨人DeNA中日
伊原春樹広島巨人阪神中日DeNAヤクルト
真中満DeNA巨人ヤクルト阪神広島中日
高木豊DeNA巨人中日阪神広島ヤクルト
駒田徳広広島巨人DeNA阪神中日ヤクルト
井端弘和阪神巨人中日広島DeNAヤクルト
赤星憲広巨人阪神中日広島DeNAヤクルト
斉藤雅樹巨人広島DeNA阪神中日ヤクルト
里崎智也中日巨人広島阪神DeNAヤクルト

評論家、解説者12人の順位予想は、1位は巨人、広島、阪神が3名ずつ、DeNAが2名、中日1名、ヤクルト0名でした。2位には巨人が6名と半数、広島3名、阪神2名、DeNA1名と巨人、広島、阪神が優勝争いに絡むという予想が大半を占めています。

逆に最下位の6位は、ヤクルトと中日しかなくヤクルト7名、中日5名と昨年最下位のヤクルト、5位の中日のみで占めました。5位、6位には巨人、阪神は入っていませんでした。

この予想から1位6点、2位5点、3位4点、4位3点、5位2点、6位1点で集計すると

1位2位3位4位5位6位
巨人阪神広島DeNA中日ヤクルト
58点51点50点42点30点21点

全体的にありがちなのは解説者の出身球団にはそれぞれ甘めになる傾向がありますが、巨人、阪神、広島は上位評価が多い結果となりました。

昨年優勝した巨人は、やはりメジャー移籍した山口俊や引退した阿部慎之助の穴をどう埋めるのかという点で1位予想は3名と少なかったのですが、それでも総合力で抜けているという評価が主流でした。

関連記事:阿部慎之助の年俸総額と推移、通算成績は?背番号80で2軍監督に!

阪神は新外国人次第という意見もありますが、投手力が高く、近本、高山といった打線も状態が良いという評価から上位に推す声が多く、広島は戦力ダウンもなく勝ち方を知っている点、新人森下投手の上積みなどからこれら3球団が高ポイントを得ました。

DeNAは筒香選手、ヤクルトはバレンティン選手が抜けた点がマイナス評価、中日は昨年終盤の勝ち方を評価する声もありダークホース的な位置づけにしている解説者が多かったものの、昨年同様5位中日、6位ヤクルトの評価でした。

関連記事:バレンティンは年俸5億でソフトバンクへ!経歴、出身や通算成績、また国内FA権とは?

パリーグの順位予想一覧

続いてパリーグの順位予想一覧ですが、昨年の順位は、1位西武、2位ソフトバンク、3位楽天、4位ロッテ、5位日ハム、6位オリックスでした。

解説者1位2位3位4位5位6位
岡田彰布ソフトバンク西武楽天ロッテオリックス日ハム
達川光男楽天ソフトバンクロッテ西武日ハムオリックス
江本孟紀ソフトバンク西武楽天日ハムロッテオリックス
古田敦也ソフトバンクロッテ楽天西武日ハムオリックス
伊原春樹ソフトバンク西武ロッテ楽天オリックス日ハム
真中満楽天ソフトバンク西武ロッテオリックス日ハム
高木豊楽天ソフトバンク西武ロッテオリックス日ハム
駒田徳広ソフトバンク西武ロッテ楽天日ハムオリックス
井端弘和ソフトバンク楽天西武オリックスロッテ日ハム
赤星憲広ソフトバンク楽天オリックス西武ロッテ日ハム
斉藤雅樹ソフトバンク西武楽天ロッテ日ハムオリックス
里崎智也楽天ソフトバンク西武ロッテオリックス日ハム

1位予想はやはり断トツでソフトバンクが8名でしたが、意外だったのは昨年優勝の西武を差し置いて楽天を1位予想する人が4名いました。ソフトバンクは全解説者が2位以上に予想するという「鉄板」予想となっています。

2位の予想は、西武が5名、ソフトバンクが4名、楽天2名、ロッテ1名となりました。楽天を1位予想した解説者は2位は全てソフトバンクと予想、言い換えればソフトバンクを唯一上回る球団は楽天と予想しているのが興味深いです。

一方で、最下位の6位予想は、セリーグと同じように昨年の5位、6位チームの日ハム、オリックスで占めました。しかし6位は日ハムが7名、オリックスが5名と予想順位の多さでは昨年の順位と入れ替わっています。

この予想からセリーグ同様に1位6点、2位5点、3位4点、4位3点、5位2点、6位1点で集計すると

1位2位3位4位5位6位
ソフトバンク楽天西武ロッテオリックス日ハム
68点56点50点38点22点18点

リーグ優勝を逃しながらも昨年日本シリーズで巨人に4タテで日本一となったソフトバンクは圧倒的なポイント数となりました。ここ数年の安定したチーム力の高さにバレンティンが加わって盤石な布陣となったと言えるでしょう。

昨年覇者の西武を押しのけて2位にランキングされたのは楽天、昨年3位の実力に加え涌井、鈴木大と大型補強にも成功、出遅れた則本、岸が復調すればソフトバンクを上回ることもありうるとの予想です。

3位の西武はやはり秋山選手の抜けた穴を埋めきれないというのが理由が最も多く、強力打線で勝ち上がった昨年から得点力ダウンを不安視す声がありました。

一方5位オリックスの22点、6位日ハムの18点はセリーグの中日、ヤクルトに比べてもポイントが低く目立った戦力の上積みがない点もマイナスに響き、大方の予想で5位、6位を独占する形となりました。

パリーグはAクラスとBクラスの予想がはっきり分かれる結果となりました。優勝争い、クライマックスシリーズ出場はソフトバンク、楽天、西武に絞り込まれたかのような予想で、セリーグの上位4チームの混戦予想と比べてもはっきりわかれそうです。

まとめ

2020年のプロ野球シーズンの開幕は3月20日から4月10日以降への延期が決定、開幕の状況も見通せません。それでもシーズン開幕を待ち望んで多くのファンが楽しみにしていることと思います。

シーズン開幕前には、評論家、解説者による順位予想が恒例で行われますが、今回もいろんな評論家の方々が順位予想をしています。それぞれの順位予想一覧からポイントで集計した結果、セリーグ、パリーグの順位予想は

  • セリーグは1位巨人、2位阪神、3位広島、4位DeNA,5位中日、6位ヤクルト
  • パリーグは1位ソフトバンク、2位楽天、3位西武、4位ロッテ、5位オリックス、6位日ハム

という結果になりました。セリーグは上位4チームの混戦が見込まれるのに対してパリーグはソフトバンクを推す声が圧倒的に多く、次いで楽天、西武がAクラスを占めるという予想になりました。

新型コロナウィルスの影響で今後もまだまだ予断を許さない状況ですが、終息を祈りつつプロ野球の開幕を楽しみにしたいものです。

(Visited 567 times, 1 visits today)
広告

-プロ野球

Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。